東京生活.comホーム東京のコラム癒し散歩と小旅行新宿御苑の温室を歩く

新宿の散歩

新宿御苑の温室を歩く

新宿の喧騒を抜けだして、もうすぐ春の新宿御苑を散歩です。

新宿の散歩|新宿御苑の温室を歩くの画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

新宿の人混みってなかなか疲れますよね。

なにかの理由がある時はしょうがないんだけど、目的もなく新宿をぶらぶらするのは最悪の選択肢で、カフェで休憩しようにも並ぶし、そもそも狭くてうるさかったりして余計疲れちゃったりするわけですよ。

どうしようかとなった時に、ぜひぜひ選択肢として頭の中にいれておいて欲しいのが新宿御苑です。

スポンサーリンク

新宿御苑は、名前から察せれるようにもともとは皇室関係の施設でしたし、その前の江戸時代においては信濃高遠藩内藤家の下屋敷でした。

新宿御苑のルーツ

内藤さんというのは、超有名な大名家ではないけれども江戸にこれだけの土地を与えられたってことは、すごい信頼されてたんでしょうね。

この通り、とても広い空間。
新宿御苑の入り口

58ヘクタールらしいです。(と言われても実感がわかない)
新宿御苑の地図

新宿駅からだら、東南口方面から少し歩いてきた所にあります。
新宿御苑の新宿口

入場券は200円で一日どれだけ居ても良いので、スターバックスコーヒーよりも安い。
新宿御苑の入場券

でもせっかくなので、近場のスターバックスコーヒーで300円のショートサイズのコーヒーをお持ち帰りして新宿御苑で飲んでみたりすると、300円(税込)+200円(税込)=500円(税込)で楽しめちゃうのでお得です。

飲む場所はたくさんあります。

新宿のビル街を背景とする森の中。
新宿御苑の森

日本庭園もあるし。
新宿御苑の日本庭園

レストハウスで飲むのもよし。
新宿御苑のレストランハウス
(本当はダメかもしれない)

庭も色々。
新宿御苑の西洋庭園

鈴掛の並木道。
新宿御苑の鈴懸の並木

フランス風庭園。
新宿御苑のフランス庭園

 なんたって有料ですからしっかりと管理がされてもいるし、守らないといけないルールもしっかりあります。
新宿御苑の禁止事項

だから、桜の時期でもコンパで騒ぐ大学生も居ないし、お子さんがサッカーボールを蹴っ飛ばしてそれが顔に当たりメガネが壊れることもないし、ローラースケートでうろうろしていて事故ることもないわけです。

ここを訪れる人は一定のルールに従って、大人しく皆それぞれの時間を過ごしています。

新宿御苑を訪れる人はこの静かな癒しの空間を楽しもう目的であり、新宿御苑は静かで落ち着いた上質な空間が保たれています。ルールというのはなかなか有り難い。

この幸せな空間は、まるで天国のよう。
新宿御苑の風景


初々しく恥ずかしそうながらも嬉しそうに手をつなぐ大学生くらいのカップル。

小さい子供にパパ・ママと呼ばれ、未来への道を一歩一歩歩んでいこうとしている若い夫婦。

たぶん良い時ばかりじゃなだっただろうけど、なによりも信頼感で強く結び合っているだろう老夫婦。


 
いや、まあ良いんですよ、良いんですよ。こういう風景。

これを幸せと思った方。おめでとうございます。人生の階段を無事に登ってます。

リア充爆発しろと思った方。頑張りましょう。

たぶんその時の心理的な状態によって、こういう風景に幸せを感じられるか、もしくはリア充地獄に堕ちろと思いますか、変わってきますね。ロールシャッハテストですね。


新宿御苑の芝生

そうそう。芝生で日向ぼっこをしてた時です。

二人の大学生カップルが芝生に寝っ転がりながら、正面にカメラを置いて、タイマー機能でシャッターを切りながら、自分達の充実ぶりを写真に収めていたんですね。

たぶん、SNSに載せる時は、6ヶ月記念とか書いちゃったりして、「いいね!」がたくさん付くことを狙うために。

横に並んだりとか、かたつむりのように上下重なりあって、夢中に撮ってたんですよ。

もちろん微笑ましい光景で、ほっこりとした気分になって、良いんですよ。

良いんです。


ただ、後ろから見ていた僕は一言言いたい。



「あ、パンツ見えてますよ」。



さてさて、新宿御苑探訪を進めて目玉の温室を訪れてみます。

新宿御苑の温室

日本庭園があり、西洋式庭園もあり、気持ちの良い芝生の広場があり、緑豊かな森もあったりするのですが、やはりおすすめなのは温室です。

元々は皇室のものとして造られた由緒正しき温室は、当時は東洋随一の規模だったらしいですよ。

新宿御苑の温室

2012年にリニューアルしたばかりということで、新しい温室は光が降り注ぎ隅々まできれいに環境が整えられている気持ちの良い空間となっていました。

周りから浮かび上がった宇宙船のようなそのフォルム。
新宿御苑の温室

この日は、そこまで寒くはなかったけれども風の強い晴れた冬の日で、コートの襟をしっかりと立て、手をポケットに入れたまま新宿御苑を歩いてたわけですよ。

そんな日でも温室の中は一定の温度と秩序が保たれている暖かい異空間です。

新宿御苑の温室

 新宿御苑の温室は、改装を終えて隅々まで手入れが行き届いた美しい温室となっています。温室って心惹かれる場所なんだけど、箱庭とか空中庭園的な完璧な小宇宙をこの中に作り出していて、それこそ盆栽とかアクアリウムとかそういうのに惹かれるのと同じような理由なんじゃないかなと思うんです。

滝もあったりして心憎い。
新宿御苑の温室の滝

水を覗いてみると、小さな魚も泳いでいる。
新宿御苑の温室

こういう立体交差って、高まります。
新宿御苑の温室

なかなか楽しいです。

新宿の温室


新宿御苑の温室


ちなみにこの新宿御苑、年パスもあるんですね。2000円です。

夢の国には行けないかもしれないけど、癒しという観点においては1枚くらい持ってても良いかと。

そういえば、年パスってちょっとした所有権を得れたような不思議な感覚になりませんか?

新宿のこの地に広大な庭を持てた感じです。

もう少しで春だし、もっと華やかな風景になるんだろうなぁ。

新宿御苑の春

春の新宿御苑

もうすぐ春の新宿御苑

春の新宿御苑




このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信