東京生活.comホーム東京のコラムひとり飯とカフェコーヒー工場ジャパン初上陸

清澄白河|ブルーボトルコーヒー

コーヒー工場ジャパン初上陸

日本に初上陸したブルーボトルコーヒーが清澄白河に登場しました。

清澄白河|ブルーボトルコーヒー|コーヒー工場ジャパン初上陸の画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

清澄白河のブルーボトルコーヒ。日本上陸第一号店です。

ここはコーヒショップではなくて、コーヒー工場だ。

そんな感想を最初に持ちました。

スポンサーリンク

不思議なマシーンがあった。

ブルーボトルコーヒー

なんか、プシュー、シュワッ。という音と蒸気を発しながら、何かをやっているんですね。
(写真の手前のね。コーヒーに詳しい人が居たら教えて下さい)

店員さんは、一寸の狂いもなく慎重にものづくりをする職人のように、神妙な手つきで丁寧にポットからお湯を注ぐ。

客席はゆったりとする場所じゃなくて、出来たての製品であるコーヒーを一刻も早く楽しむ場所でしたね。

工場のようなブルーボトルコーヒー

楽しむのは場所じゃなくて、あくまでコーヒー自体。

ということで、1消費者。というよりも1モニター的にコーヒーの感想を述べてみます。

今回飲んだのは、SINGLE ORIGEN。

清澄白河|ブルーボトルコーヒ

シングルオリジンとは色んなコーヒー豆を混ぜないで、ひとつの産地のひとつのコーヒー豆だけで煎れたコーヒーなんですね。ウィスキーで言うならばシングル・モルトみたいなものか。

店員さんに香りを楽しむためにカップの蓋を開けて飲んでくださいねと言われたが、確かにいい香りがする。

ブルーボトルコーヒー

味としては、ちょっと酸っぱさが強かったかな。ワッフルも一緒に頼んだけど、組合せとして合うかは何ともいえない感じでしたね。

と言っても不味いとかじゃなくて、、。

えーっと、はっきりと言うと、僕はコーヒーの味が分かるまでの経験も味覚も文字にする表現力も持ち合わせいないので、美味しいとも美味しくないとも言えない状況です。笑

ただ、美味しいコーヒーとは何なのかの興味は深く持ちました。もっと色んなお店に行って色んな味を知りたいぞと。

こうやってコーヒーブームに乗せられてしまうのかな。




という記事をスターバックスで書いています。

スタバでは、普段は紙のカップを閉じっぱなしなので、開けてみました。

おぉ、確かに香りはするけど、ブルーボトルコーヒーのような芳醇さはないぞ。

うーむ。コーヒーとは中々奥が深そうだ。

うーむ。

清澄白河ぶブルーボトルコーヒー





このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信