東京生活.comホーム東京の住みやすい街ベイエリア海浜幕張京葉線と武蔵野線の注意点

海浜幕張駅構内図

京葉線と武蔵野線の注意点

乗換えの時は間違えないように

海浜幕張駅構内図|京葉線と武蔵野線の注意点の画像

幕張メッセの最寄り駅でもある海浜幕張駅には京葉線・武蔵野線が通っています。東京駅での乗換えの時には注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

海浜幕張駅を通っているのは京葉線と武蔵野線。高架ホームが2線4面あります。

京葉線は東京駅の地下ホームを出発し、東京湾の臨海地域を通っている路線です。一方の武蔵野線は東京の西部の府中本町を出発し、首都圏の郊外地域をぐるっと円を描くように走ってます。円周状なので大きな山手線とも言いたくなります。

海浜幕張駅は1986年に開業した新しい駅なのですが、数年前に駅構内を改装してさらに新しくなりました。

ペリエ海浜幕張の開業です。いわゆる駅直結の商業施設なのですが改札内にもカルディコーヒや未来屋書店が出来てちょこっとした買物がすることが出来ます。

なお改札内からガラス張りになって見える「そばいち」と「TOKYO 豚骨 BASE」は改札の外なので、改札に入る前に食べるようにしましょう。

引き続いて、海浜幕張駅に来る際の京葉線および武蔵野線の注意点について見てみます。

スポンサーリンク

海浜幕張は幕張メッセやイオンモール幕張新都心への最寄り駅である上にオフィス街も多い街です。また、その近未来的な雰囲気は住宅地としても人気があり高層マンションや新興住宅が立ち並んでいます。

街としては郊外地域なのですが京葉線はこの地域を通る一本線のため、特に朝のラッシュ時の東京へと向かう電車は非常に混雑します。

また幕張メッセのイベントの前後の時間帯は人々の波が集中します。その時間に駅のホームに居ると、そのイベントごとに独特の空気につつまれるんですね。あ、今日はアイドル握手会だなとか、ロックフェスだなとか、ビジネス系展示会だなとかね。そういうのを見てるのも楽しいですよ。

京葉線と武蔵野線の注意点

東京駅での京葉線乗換

さて、そんな海浜幕張駅なのですが、ここまで向かう京葉線および武蔵野線はなかなか注意が必要な路線です。

海浜幕張駅は地方から来る方が多そうだし、イベントだと開演時間も決まっていたりするので、東京駅方面から来る場合の注意点を具体的に説明しておきます。

東京駅の地下ホーム遠い問題

まず東京駅地下ホーム始発の京葉線なのですが、この乗換が非常に面倒くさい。

というのも、京葉線の地下ホームは東京駅の主要路線(新幹線や山手線や中央線とか)から非常に遠いのです。歩く歩道をいくつも乗り継いだ上に地下奥深くまでエスカレータで降っていく必要があるのです。

その距離はなかなか遠くて、新幹線ホームからだと20分くらいはかかっちゃいます。なので時間が決まっている場合は出来るだけ余裕を持っておくとよいです。

武蔵野線と間違えないように

東京駅での京葉線ホームですが、この時乗る電車には注意が必要です。

東京発の武蔵野線は海浜幕張へは向かわないのです。

ちょっとややこしいのですが、東京を出発した武蔵野線は海浜幕張よりも手前の駅、市川塩浜駅を出ると大きく左に曲がりながら埼玉方面へと向かってしまうのです。

えっと、海浜幕張にも武蔵野線は通っているのですが、それは府中本町発海浜幕張行きのホームであり、東京駅発とは上下逆なのです。すごくややこしいですね。

やはり、分かりにくいですね。逆に府中本町からの電車の場合、東京行きに乗ってしまうと海浜幕張には向かわないので、乗換える必要があります。

とにかく、

東京から海浜幕張に向かう場合は武蔵野線には乗らず、京葉線に乗る

のが大切です。

京葉線は風に弱い問題

京葉線は東京湾に面しながら、しかも高架を走っているため、風にものすごく弱いです。

さらに途中には荒川や江戸川の河口部分の長い鉄橋を東京湾からの海っ風をもろに受けながら通るんですね。そりゃあしょうがないと思うのですが、通勤やイベントの時に電車が停まってしまうのは痛いもの。

首都圏の鉄道の中でも最も風に弱い路線でもあるので、強風が予想される時とかは、代替交通手段をとれるように時間に余裕を持っておくと良いでしょう。

追記:防風柵の設置によって、運行中止などが大幅に改善されたようですよ。

以上のように、利用の際には少し注意の必要な京葉線です。

しかし、臨海部の高台を走るその車窓の眺めはすばらしく、ディズニーランドや湾岸エリアの巨大工場や運河を。また東京湾の風景を楽しめる路線でもありますよ。幕張メッセでのイベントの際は、時間や乗換に注意しながらご利用されるのがおすすめです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信