東京生活.comホーム東京の住みやすい街ベイエリア舞浜・ディズニー再開を待つディズニーランドの風景

舞浜の散歩

再開を待つディズニーランドの風景

液状化現象や計画停電がありますが、再び元の歓声を取り戻すために、再開を待つディズニーランドや舞浜駅の周りの風景です。

舞浜の散歩|再開を待つディズニーランドの風景の画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

東日本大震災が発生してから、もうすぐ一ヶ月が経とうとしています。

地震が発生した際のキャストの対応がすばらし過ぎるとの評判があったディズニーリゾートですが、液状化現象の影響があったり、その使用電力の大きさから再開が未だに決まってません。

春休み中なので、いつもなら多くの人で賑わうディズニーリゾートですが、人をほとんど見かけなくなくなったディズニーの入り口である舞浜駅の周辺です。

さて、元の賑やかさが戻ることを祈りつつ、ディズニーの周りの風景です。

スポンサーリンク

休業中のディズニーランド

いつもなら人が多すぎる舞浜駅も閑散としている。
ディズニーランドの入り口の舞浜駅

ガランガラン。
人がいない舞浜駅

イクスピアリも閉まっていました。
営業してないイクスピアリ

全部閉鎖中

イクスピアリは、部分的にですが再開されたようです。
再開されたイクスピアリ

ディズニーランド側もここから先は入れません。
ディズニーランドも営業停止

いつもだったら人で溢れているんですけどね。
人がいないディズニー

修復のための資材とか。
修復のための資材

液状化現象の影響はあるらしく、砂埃が舞い散っていました。
液状化現象のあった階段

階段も盛り上がっていたり。
舞浜駅への階段

道も砂が被っていたりしてました。
砂を被る道

これらの液状化現象による被害は、あくまでディズニーランド園外の駅周辺で見られたもので、園内はサンドコンパクションパイル工法と呼ばれる特殊な工法が使用されているらしいので、被害があまり無いことを願うばかりです。

再開を待つディズニーリゾート

東京ディズニーリゾートの電力使用量は、一日で57万キロワットに達し、それは一般家庭の6万世帯分に相当するほどなので、この電力需給がひっぱくしている中での再開は難しいかもしれませんが、早く元の賑わいが戻れるような状況になると良いですね。

明かりが消えたディズニーランドとか寂しいです。戻れ日常!
光が消えたディズニーランド

被害が大きい舞浜駅の周辺

さて、ディズニー以外の舞浜駅周辺も見てみることにしてみます。

普段はあまり行くことのない、ディズニーランドの反対側である舞浜駅北口側へ。
舞浜駅の北口側

デッキが駅から延びていて、住宅街方面へと続いているのですが、そのデッキの損傷が多く見られました。
舞浜駅のデッキ

IMG_1541.jpg

デッキがずれちゃっていて、サービスセンターも閉鎖中でした。

土台部分にも地震の余波が見られます。
舞浜駅の下部分

都内はそれほど大きな被害は見られなかったけれども、埋立地における液状化現象の影響は結構大きいんですね。

舞浜といえばディズニー=夢の国のイメージですが、ぜひとも早く復旧して、元の誰もが楽しく過ごせる街になることを祈るばかりです。

がんばろう浦安



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

おすすめの記事です。

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信