東京生活.comホーム東京の住みやすい街ベイエリア舞浜・ディズニー震災から1年後のディズニー周辺

舞浜の防災

震災から1年後のディズニー周辺

あれから一年が経ちました

舞浜の防災|震災から1年後のディズニー周辺の画像

東日本大震災から一年が経ちましたね。液状化被害が大きかった舞浜のディズニー周辺を歩いてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

東日本大震災からもう1年ということで、
首都圏でも被害が大きかった浦安市の現状を
いろいろと見てみました。(参考→液状化した浦安の現在を写真で比較

ついでにディズニーリゾートのある舞浜まで
足を伸ばしてみようということで、
ディズニーのある舞浜駅周辺も巡ってみましたよ。

震災時には、その優秀なキャストとオペレーションとで
神対応を見せたディズニーということで、もう元通りのいつもの光景でした。


スポンサーリンク

人出が戻り、活気あるいつものディズニーへ

ということで、ディズニーランドです。

東日本大震災時においては、
液状化現象や計画停電等によって、休業を余儀なくされました。
東日本大震災後のディズニーランド

玄関口の舞浜駅もガラガラでした。
地震後の舞浜駅

でも、人出はすっかり戻り、いつものディズニーに戻ってました。
ディズニーの現状

舞浜駅では、待ち合わせをしたりの、ノーマルな風景。
舞浜駅の現状若い女子の間でのディズニーブランドは絶対です。
舞浜駅の現状

震災後は液状化現象で地盤沈下した階段も。
地盤沈下の進んだ舞浜

舗装され、元通りに。
液状化の現状

タイルが剥がれ、砂地がむき出しだった、道路も。
砂をかぶった舞浜の道路

まあ、なんてことでしょう。
道路の現状

門を閉じていたイクスピアリも。
ディズニーランドのイクスピアリ

人で溢れ、ディズニーリゾートラインは走っていた。
ディズニーリゾートラインが走るイクスピアリ

資材置き場と化していたロータリーも。
ディズニーの駐車場

ディズニーへとお客さんを運ぶバスとタクシーの列。
舞浜のロータリー

震災直後は、ガラッとして、何なんだこの空間は、的だった舞浜も
すっかりと、元のリア充空間へと戻っておりました。
さすが、夢の空間。
良かったね。

でも舞浜駅の反対側には震災の爪痕が残っていた

そんな華やかな舞浜駅ですが、ディズニーとは反対側へと来てみました。

こちら側は、地震による液状化現象があって、
地震直後には、地面が盛り上がっているなど被害が見られました。
舞浜・ディズニーの被害の写真

でも、そんな地面もずいぶんと復興されたようです。
舞浜の液状化現象

ただし、こちら側は夢の世界じゃない現実世界のためなのか、
とりあえず、お客来る方じゃないので後回しのつもりなのか、
ところどころに、地震と液状化の爪痕が残っておりました。
舞浜の地震の被害

デッキがズレていたりしていました。
地震の被害の写真

※注)地震から1年後の現在の写真です。

駅前のサービスセンターは、休止中のままでした。
休止中だった駅前のサービスセンター

液状化現象で、地域全体が被害を受けると、
細かい部分まで復旧するのは大変そうです。

でも一年前には、「がんばろう浦安」だった垂れ幕が。
舞浜・ディズニーの被害の写真

火災予防に代わってましたよ。
舞浜の垂れ幕



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信