東京生活.comホーム東京の住みやすい街川崎エリア鶴見黄昏の海芝浦

鶴見線の散歩

黄昏の海芝浦

鶴見線の旅も最終段階ということで、とうとう最大の目的地、黄昏の「海芝浦駅」へとやってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

さて、長かった鶴見線の旅も最終段階へと突入します。

沖縄タウンである仲通り商店街を抜けまして、再び鶴見線へ向かうことにします。
鶴見線へと戻る家のような造りである「弁天橋駅」から乗車します。
弁天橋駅
隣にあるJFEの門の詰め所の方が立派だという。
弁天橋駅のJFEの詰め所
入線してきた鶴見線に乗って、海芝浦へGO!!
鶴見線に乗車
鶴見線を巡るというテーマにも関わらず、歩いてばかしだったので、鶴見線に乗ったのはお久しぶりです。

そして、先ほどの浅野駅の分岐点を海芝浦方面へ向けて鶴見線はゴトゴトと進んでいきます。


そして、、、

ついに到着!!
海芝浦駅
夕暮れと、海と、鶴見線。

見慣れた光景ですね、。

でもちょうど良い感じで、黄昏てきました。
黄昏の海芝浦
さあ、折り返し電車が発車するまで充分に黄昏ましょう!

左端に見えているのが、高速湾岸線の「鶴見つばさ橋」で、中央奥に小さく見えているのが「ベイブリッジ」です。
横浜もこの方角ね。

向こう岸にも工場の風景があります。
工場の風景海芝浦の看板
こんなに景色の良い海芝浦でありますが、ここは駅の外は東芝の敷地なので、改札から外へは関係者以外は立ち入れないのです。

改札と東芝の入り口が一体化してます。
東芝の工場東芝工場はでかすぎる敷地で、自前の消防団とかもあるとか、。
東芝の工場
駅の外には出ることは出来ませんが、ホームの奥の方が、小さな公園となっています。
海芝浦の公園
もうちょっと遅くなってから見る、横浜の工業地帯の夜景はきれいなのでしょうね。

さて、こんな感じで、鶴見線の旅は、この海芝浦をもって終わりにしたいと思います。

せっかく、鶴見線の乗り放題切符を買ったのですが、ほとんどの行程を歩いてしまったので勿体なかったかもしれませんが、その分工場の風景とか、沖縄タウンとか面白い風景が見れましたよ。

鶴見線は、川崎・鶴見という都会部分を走っているのを忘れさせてしまう程にローカル線の雰囲気なので、まさに黄昏るにも持って来いの路線でした。

鶴見線の旅

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信