東京生活.comホーム東京の住みやすい街伝統的買い物エリア浅草スカイツリー点灯前に浅草を歩く(2)

浅草の散歩

スカイツリー点灯前に浅草を歩く(2)

昭和のにおいプンプンの浅草花やしきと、昭和の芸能界の香りがする落語やストリップ劇場の浅草の歓楽街をぶらりしてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

では、浅草寺の本堂脇にある、西側の門を抜けて浅草の街をぶらりしてみます。

浅草寺の周りは、下町の昔ながらの商店街や繁華街の雰囲気で、昭和的なノスタルジックさを色濃く残しています。

スポンサーリンク

ノスタルジックな浅草花やしき

まずは、西参道商店街。
西参道商店街
高級呉服店とか、おみやげ屋さんとかがあって外国人には喜ばれそう。
早い閉店の西参道商店街
時間は午後6時前だったのですが、もうシャッターが閉まっているのは観光地的な商店街だからでしょうね。
今度は、早い時間に来て商店街のお店を見てみたいです。

そんな商店街のすぐ後ろには夕闇に浮かぶ遊園地が。
日本最古の遊園地
日本最古の遊園地「花やしき」です。
花やしき
遊園地なのに、華やかさよりも怪しさを感じるんだよね。

ちなみに入園料とフリーパスで3,100円なんだけど、それは高いのか?安いのか?
夕方は、18:00までで閉園です。

空から家が吊り下げられているアトラクション。
花やしきのアトラクション
ローラコースターなる古いジェストコースターがぎしぎし音を立てながら走ってたりしてます。

花やしき前の花やしき通り。
花やしき通り
まあここは観光用だけど何とも言えない通りなんですよ。

こんな駄菓子屋もあったりします。
駄菓子屋
夏にかき氷とか食べたら最高でしょうね。

ガチャポン屋さん
ガチャポンもいっぱい?

花やしきアクターズスクール
安室奈美恵、SPEEDに続くのは君だ!!

ゲゲゲの鬼太郎
今年ブームだったゲゲゲ一族も。

ストリップと落語の浅草芸能事情

そんな観光地的な花やしき通りを抜けたところには、こんな映画館もありました。
浅草新劇場
シネコンとかじゃなくて昔ながらのノスタルジックな映画館。

昭和の映画が上映中
上映内容もまるで時代に取り残されているかのよう。

ピンク映画も。
ピンク映画
いつもよりも余計にモザイクを入れさせて頂きました。

この通りは、観光客もいるんでしょうが、それよりも真っ昼間から酔っ払いのオッサンが多く集まっている通りです。
競馬の場外馬券売り場である「WINS浅草」もありますし。

なんていうか、通り全体が東京ではあまり感じさせない雰囲気で、どちらかというと大阪の通天閣周辺の雰囲気がするんです。
浅草は、東京のドヤ街である「山谷」地区も遠くない位置にあるので、それも関係しているかもしれませんね。

由緒正しきストリップ劇場として有名な「ロック座」。
浅草ロック座
戦後の浅草の中心的な存在で、ストリップだけじゃなくて、多くのコメディアンもここで舞台を踏んだんだとか。

ロック座の入り口
小向さんの上映もぼちぼちやっているらしく、ポスターとかも貼ってありましたよ。

なんでも、このロック座と双璧をなしていた、ビートたけしや欽ちゃんをも輩出した「フランス座」というストリップ劇場もあったらしいです。

今では、ストリップ公演は辞め、お笑いの舞台中心の浅草東洋館と名を変えているらしいですが、なんか、多くの大スターを排出した浅草界隈の芸能事情の流れに興味が湧いてきました。

そんなフランス座との姉妹館的存在だったという浅草演芸ホール。
浅草演芸ホール
この劇場は、寄席劇場であり、落語とか、漫才、手品などをやっています。

落語やっています
あ、木久蔵ラーメン(息子版)も出ている。

なんか落語の寄席劇場とストリップ劇場が同じ運営母体であるとか、やはり浅草の芸能事情には興味が惹かれます。

浅草の花やしき周辺は歓楽街的要素も色濃いのになにしろ夜が早くて(この時点で午後6時前後)びっくりでした。

まだまだ、東京スカイツリータワーの点灯には時間があったのですが、ぼちぼちタワーが見える場所まで移動しようかと思い始めました。しかし、そこでまさかの判断ミスをしてしまうとは、、。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信