東京生活.comホーム東京の住みやすい街川崎エリア川崎川崎周辺の特徴

川崎周辺の特徴

京浜工業地帯の一翼を担う工業的な地域であり沿岸部には工場が多い。東京と横浜の中間であり、川崎や鶴見といった街がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

東京と横浜との間にあり、神奈川県の最も東京寄りに位置している。

 

江戸時代の頃から、品川と横浜との中間地点としての川崎宿とされたるなど昔から栄えていた地域であると共に、近年に入ってからは京浜工業地帯の1大地域として多くの巨大な工場が建てられた地域でもあり、東京湾の沿岸沿いは東芝や、JFE、旭硝子など日本を代表するような企業の工場地帯となっていて、そのような工場地帯を走る「鶴見線」は独特の雰囲気を持っている路線である。

 

川崎が中心的な街であり、その規模は横浜に次ぐ神奈川県第二の街の名にふさわしく、その繁華街の規模は非常に大きく、また堀之内と呼ばれる首都圏有数の歓楽街も抱えていると共に、川崎競馬や川崎競輪がなどのギャンブル場があるなど享楽性が強い街というのも、工業地帯の独特の雰囲気を感じる。

 

江戸時代の頃から発展している地域なので、古くからの名所旧跡も多く、川崎の川崎大師は全国3位の初詣客を集めたり、また鶴見にある曹洞宗の大本山である總持寺は首都圏でもまれに見る巨大な寺院となっている。

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信