東京生活.comホーム東京のコラムお得で便利な情報プライムナウとAmaonフレッシュの使い方

東京は対象地域

プライムナウとAmaonフレッシュの使い方

配達の速さがメリットなプライム会員の特典

東京は対象地域|プライムナウとAmaonフレッシュの使い方の画像

Amazonプライムで使える「PrimeNow」と「Amazonフレッシュ」の違いは?東京の対象エリアは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

東京はAmazonが便利

東京ではAmazonが特に便利です。

東京でAmazonPrimeを使う

やはり「東京」という中心地のためか、Amazonの物流体制も日本で最も速く、その速さを活かしたサービスが充実しているのです。

速さが魅力のサービス

1 最速1時間で届く「プライムナウ」
2 生鮮食品が届く「Amazonフレッシュ」

これらのサービスは他の地域では始まってないのもありますが、東京だとこれらの対象地域であり便利に使うことができます。

共働きのご夫婦やお子さんがいる世帯。あるいは一人暮らしの方にとってもこれらを使いこなすと毎日の買い物がとても便利になるのです。

スポンサーリンク

「プライムナウ」の使い方

まずAmazonで便利なのが、最速1時間で注文した物が届く「PrimeNow(プライムナウ)」というサービスです。

最速1時間で届く!

Amazonのプライムナウ

これは惣菜をはじめ、飲み物やアルコールなどの冷蔵食品、アイスクリームやおかずに使える冷凍食品、トイレットペーパーやおむつなどの日用品や家電などが注文してから最速1時間で届くサービスです。

お届けコンビニみたいなもの

簡単に言うと、コンビニエンスストアに行かずとも商品を届けてもらうようなサービスです。朝の8時から深夜0時まで受取時間を指定できるので、仕事で帰りが遅くなってしまったなど忙しい時に使うと便利です。

プライムナウの料金

プライムナウの仕組みの図解

プライムナウは注文合計2500円の金額から利用出来ます。

別途かかる配達料としては

2時間以内で希望 → 配送料無料
1時間以内で希望 → 890円かかる

がかかります。急いでいる場合は1時間以内で届く890円の配達方法を、時間に余裕がある場合は無料の2時間の配達方法を選ぶと良いでしょう。

なお、このプライムナウはAmazonプライムの会員であることを前提にしたサービスです。無料体験期間もあるので、まだ会員でない場合はぜひAmazonプライム会員を体験してみてください。

東京のPrimeNow対象エリア

東京のプライムナウの対象エリア

東京23区および一部の市エリアで使うことが出来ます。

近隣の神奈川県の川崎市や横浜市で。千葉県だと浦安市と市川市で使うことが出来ます。公式サイトでお住まいの郵便番号で対象エリアかを確認することが出来ます。

「Amazonフレッシュ」の使い方

つづいてが新鮮な野菜や果物、お肉や魚をはじめ多くの食品や日用品を届けてくれる「Amazonフレッシュ」というサービスです。

Amazonのネットスーパー

Amazonフレッシュの仕組み

人形町今半や亀戸天神船橋屋。TOKYO ORGANICといった人気店の商品も注文出来るのが特徴的です。

言うならばAmazon版ネットスーパーであり、速さよりも生鮮食品の新鮮さや豊富な品目から選べるのが特徴的です。(日によってお買い得商品もあり、まさにスーパーマーケットなのです)

配達時間は?

注文から最短4時間
当日や翌日にお届け時間帯を選べる

Amazonのコンビニである「プライムナウ」よりは時間がかかりますが、その分品目も多く豊富な食品があるので、献立や冷蔵庫と見比べながら計画的に食品を注文すると良いでしょう。

Amazonフレッシュの専用ボックスで配達されます

Amazonフレッシュの配送地域

Amazonフレッシュの対象エリアはより限られた地域となります。

amazonフレッシュの対象地域

現状(2018年9月)においては東京23区でも一部(世田谷区・目黒区・千代田区・中央区・台東区・墨田区・江東区全域、ならびに渋谷区・品川区・大田区・港区・杉並区・新宿区・文京区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・調布市・狛江市の一部)です。

対象エリアの方はぜひ試してみると良いでしょう。

なお、Amazonフレッシュの料金体系は月会費方式です。

月会費:500円
※注文が6,000円(税込)未満だとさらに500円(税込)の配送料がかかります

月ごとの費用がかかるので、ぜひ他のネットスーパーなどと比較しながら選んでみると良いでしょう。

AmazonPrime会員になる

さて、以上で説明した「プライムナウ」と「Amazonフレッシュ」ですが、これらを使う前提で必要なのがAmazonPrimeの会員であることです。

▽プライム会員とは? Amazonの有料会員サービス。年額3900円or月額400円で配送料無料や豊富なコンテンツを利用などさまざまな特典を受けることができます。

「プライムナウ」も「Amazonフレッシュ」もプライム会員向けのサービスであり、これらはプライム会員じゃないと使えないのです。

しかし、このプライム会員。有料のサービスではありますが、それを補えるほどの多くの特典を受けることが出来るのです。

Amazonプライムの特典

amazonプライムの特典

Amazonプライムには多くの特典がありますが主に①コンテンツに関する特典②配達に関する特典とがあります。

①コンテンツに関する特典

amazonprimeで見放題・読み放題・聴き放題

Amazonのコンテンツ・サービスである「プライム・ビデオ」で映画が見放題、「PrimeReading」で本や雑誌が読み放題、「PrimeMusic」で音楽が聴き放題というのがあります。

Amazonの映画、音楽、本・雑誌といったコンテンツは豊富であり、これらがプライム会員になることで体験出来るのです。

②配達に関する特典

そしてAmazonの本質である配達に関する特典も多くあります。

配達の送料が無料になります

例えば、普通にAmazonで注文した場合の合計金額が2000円未満の場合、400円の送料がかかるのですが、プライム会員だとこれが無料になります。

さらに「当日お急ぎ便」や「お急ぎ便」という当日や翌日など最短で届く配達方法や、届く日時を指定できる「日時指定便」もプライム会員だと送料無料です。

amazonプライム会員のメリット

いずれも通常会員だと有料です。

プライム会員の月額が400円なので、月に1回利用すればほぼ元が取れてしまいます。

しかし、配達サービスの視点で見ると「Amazonパントリー」というプライム会員向けのサービスです。

Amazonパントリーとは?

Amazonパントリーの仕組み

これは一つの大きな箱の中に詰め込めるだけの日用品や食材を注文出来るサービスです。

手数料はパントリーBox1箱につき390円という方式のため、週末にディスカウントストアで一気にまとめ買いをするようなイメージで多くの商品を買いたい時に便利です。大量購入が多いサービスのためか割引が大きく、お得に買い物をしたい時などにおすすめです。

このようにAmazonPrimeは①コンテンツに関する特典と②配達に関する特典とを一気に受けられるのでコストパフォーマンスがとても高いのです。

プライム会員には学生向けの「PrimeStudent」、家族向けの「Amazonファミリー」もあります。それぞれに合ったお得な特典があるプランなので、ぜひご確認ください

Amazonの便利な使い方

東京においては「プライムナウ」も「Amazonフレッシュ」も使うことができ、まさにAmazonのサービスを使い倒すのに持ってこい。

ネット通販としてだけじゃなく、よりリアルに近い使い方が出来るのでより便利に使いこなしたいと思いました。

最近ではAmazonEchoが発売されたりと近未来の買い物が次々と実現されつつあります。ますますAmazonが私たちの生活に欠かせないインフラとなっているのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信