東京生活.comホーム東京の住みやすい街東京の北エリア池袋迷宮池袋駅を攻略

池袋駅構内図

迷宮池袋駅を攻略

安心して下さい。池袋駅は分かりやすいですよ

池袋駅構内図|迷宮池袋駅を攻略の画像

西武と東武に囲まれた池袋駅は東京の北のターミナル。巨大な池袋駅構内をわかりやすく攻略し、行き方や改札口を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池袋駅は東京北エリアの中心。

池袋駅周辺の路線図

山手線の主要駅であり、埼京線、湘南新宿ラインが通る埼玉からの玄関口です。

さらに西武と東武の2大私鉄のターミナル駅でもあります。

巨大な池袋駅

一日の利用者数は世界2位の262万人にも達する巨大な駅。

池袋へ行く

ではその全貌を見てみましょう。

池袋駅の全体図

まずは池袋駅の大まかな位置関係から。

池袋駅の全体図

1番の特徴はJR池袋駅を中心に、西武と東武が囲んでいるところ。

そしてもう一つがJR・西武・東武は縦に並び、地下鉄東京メトロの各線は横に並んでいるところです。

この2つの特徴を覚えておくだけで池袋駅の全体図がだいぶ理解しやすくなるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東の「西武」と西の「東武」

東口の西武と西口の東武

池袋駅といえば「西武」と「東武」という2大私鉄のターミナル駅であり、それぞれの巨大な百貨店が立地しているのですがその方向には注意が必要です。

西口が東武。東口が西武。

東が西武で、西が東武の池袋駅

そうなのです。東と西があべこべ関係になっているのです。

しかし逆に、この法則さえ覚えておけば池袋の大まかな方向性で迷うことは無いと言っても過言ではありません。

目的地が西武側と東武側のどちらにあるかさえ把握しておけば、迷ってしまってもその方向へと進めば良いのです。

池袋駅構内図をわかりやすく

ではJRの池袋駅構内図を見てみましょう。

JRの池袋駅構内図

引用:JR東日本:駅構内図(池袋駅)

公式のものだとホームや通路がいくつもあり一見すると複雑です。

しかし単純化してみると実はわかりやすい形をしているのが池袋駅。

わかりやすい池袋駅構内図

わかりやすくした池袋駅構内図

JRコンコース(緑色)と東武線コンコース(青色)をぐるっと囲むようにして自由通路(紫色)があります。また西武線コンコース(黄色)へは東口側にあります。

JRと東武と西武のホームは縦に並行して並んでいて、改札内コンコースをぐるりと囲むようにして自由通路があります。

立体も少ない駅構造なので迷いにくく、方向を把握しておくだけで目的地に辿りやすいのです。

池袋駅のJR改札

特にJR路線間の乗換えの場合はコンコース内を移動するだけなので迷うことはほぼありません

メトロ乗り換えと地下通路

一方で、東京メトロへ乗り換える時は注意が必要です。

池袋駅構内図の地下通路

というのも、東京メトロの各改札はそれぞれ別の通路にあるのでその路線のコンコースがどの通路にあるかを知っておくのが大切なのです。

池袋駅には東西を結ぶ「北通路」「中央通路」「南通路」の3つの通路があり、それぞれにJRの改札口「北改札口」「中央1改札口」「中央2改札口」「南改札口」が面しています。また、縦の通路は部分ごとに「アゼリア」「アップル」「オレンジ」「チェリー」と名付けられています。

また、池袋駅の地下通路はどこの場所も似ているので、乗換えの時についつい迷ってしまうのです。

池袋駅構内の地下通路

池袋駅地下通路では、その場所がどの通路かを把握するのが重要なのです。

丸ノ内線は中央通路

池袋駅の地下鉄

有楽町線は南通路

池袋駅の有楽町線改札

通路の真ん中に改札口と地下鉄ホームに降りる階段があります。

また、副都心線の改札だけが離れた西口側にあるのが注意点です。

なお、副都心線と丸ノ内線とは通路で行き来出来るのですが、有楽町線だけがコンコースが独立していて乗換えには一回改札を出る必要があります。

そして西武と東武に乗り換えは先述のとおり西武線に乗換えるには東へと向かい、東武線に乗換えるには西に向かうようにしましょう。

池袋駅西武線乗り換え口

西武百貨店下の西武線改札
1階にある改札を使う場合は、中央通路の階段を上った所に。地下の改札を使う場合は、一番南側の西武百貨店の横にあります。東口側から入る場合は1階の改札が便利ですし、西口側や他社路線からの乗換えの場合は地下の改札が便利だと思います。

池袋駅東武線乗り換え口

東武百貨店下の東武線改札
西口側の色んな場所に改札があります。JRの地下コンコースと直接つながっている乗り換え口もあるので便利です。

それぞれが各路線の拠点駅なのでコンコースも広く改札も目立ちます。その方向に行けば必ず見つけることが出来るでしょう。

とにかく「西武に乗り換えたければ東側に向かう」「東武に乗り換えたければ西側に向かう」だけを覚えておけば迷わないのです。

そしてもちろん、それぞれの百貨店へ向かう時もその方向に向かえば良いのです。

池袋駅の待ち合わせ場所

池袋駅の待ち合わせ場所としては「いけふくろう」が有名です。

いけふくろうでの待合せ

しかしこれにも注意が必要で、池袋駅はあまりにも巨大な駅なので反対の西口側に行くのに「いけふくろう」で待ち合わせてしまうと移動がとても大変だったりします。

「いけふくろう」は東口側にあるので、西武百貨店やパルコ、またサンシャイン方面やアニメイトエリアに行く時には便利です。

目的地に合わせた待ち合わせ場所を選ぶのが大切なのです。

そして、似ている階段や通路が多く大ざっぱな「東口」くらいだと間違って行き違いになりやすいのです。

池袋駅で待ち合わせをするには目印や場所の指定をしっかりと決めておくと良いです。

例えばいけふくろうを目印に「いけふくろうの階段を上がった所」や「いけふくろうの近くの◯◯」などと決めると分かりやすいでしょう。

他の場所だったとしても

・東側か西側か
・北通路か中央通路か南通路か
・階段の上か下か

などをしっかりと決めておくと迷いにくくなります。

池袋駅の改札口と周辺案内

では最後に、池袋駅の各出口とその周辺を紹介します。

地下通路からだと「東口」「西口」「北口」と3出口があります。

正確には「東口」にも「西口」にも多くの階段や通路があるのですが、大まかに考えて3つの方向に出ると考えておくと良いでしょう。

東口側

池袋駅東口の写真

西武百貨店とパルコがある池袋の商業地の中心です。サンシャインもあり乙女ロードと呼ばれる女子向けオタクエリア。大型電器店や大型書店も集まる巨大ショッピングタウンです。

西口側

池袋駅西口の写真

東武百貨店とルミネがあります。駅前には池袋西口公園があり東京芸術劇場もこちら側で、立教大学への通り道となっています。西口繁華街が広がってます。

▽メトロポリタン口もある メトロポリタン口への階段 西口側へは「メトロポリタン口」でも出られます。直接、東武百貨店とルミネにつながっている通路であり、JRホームの南寄りの階段を上がって向かいましょう。 ⇒【メトロポリタン口】

北口側

池袋駅北口の写真

西口東武百貨店の北側にある出口で、池袋でも最も歓楽街要素が強いエリアです。中華街でもあり駅前には多くの中国系のお店があります。

さて、このように池袋駅は巨大でありながらも、駅の構造は分かりやすい形をしています。同時に、駅と巨大な百貨店が一体化しているため、その巨大さはより強く感じます。

典型的なターミナル駅であり、直結で買い物が出来るのでとても便利な駅です。池袋駅はこれらの商業施設と合わせて、まさにひとつの大きな池袋駅と言うことが出来るのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたにオススメの記事です

<< 池袋の記事一覧  

池袋に住むなら


【不動産サイト比較】家を探す

近くの街はコチラ

  東京の街を探す  

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram


運営|文章|写真:© 2019東京生活.com  お問合せ