東京生活.comホーム東京のコラムお得で便利な情報強みは「楽天ポイント」徹底的な使い方

楽天経済圏

強みは「楽天ポイント」徹底的な使い方

楽天の戦略は?メリットと効率的な貯め方紹介

楽天経済圏|強みは「楽天ポイント」徹底的な使い方の画像

楽天経済圏とは何なのか?楽天の戦略であり強みである「楽天ポイント」を中心に広がるメリット、効率的な使い方を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

楽天経済圏とは?

日本におけるインターネットの代表的な企業「楽天」。

楽天経済圏の図

「楽天市場」を中心にトラベル事業や携帯電話サービス、クレジットカード事業などの金融サービスやプロ野球チームまでをも持つ巨大企業です。

そしてその特徴は、広大な事業範囲をカバーする「楽天経済圏」と呼ばれるシステムを作り上げているところです。

▽経済圏 経済活動が一定の独立性をもって営まれる地理的範囲 三省堂 大辞林

通常は国や貿易協定の言葉として使われるものですが、楽天経済圏においてもその流通額の多さや独立性の強さからこのように使われています。

▽楽天経済圏の規模
流通総額 10.7兆円
会員数  11億人
展開国  190国と地域
国内会員数 9千万人
展開数   70サービス

まるで国にも匹敵するかのような巨大さ。

そして楽天経済圏における共通の通貨が「楽天ポイント」です。

広範囲なサービス上で自由に物品をやりとりするのに使える「楽天ポイント」は楽天経済圏における通貨のようなものです。

※CMでよく見かけるSPU。これは楽天SuperPointUpProgramのことであり「楽天ポイント」の宣伝なのです。

楽天の通貨「楽天ポイント」

ではこの「楽天ポイント」とは何なのでしょうか?

楽天ポイントはこのように使います。

楽天ポイントの使い方

例えば楽天市場において1,000円の買い物をします。

すると最低でも1%の楽天ポイント(10円分)が付きます。このポイントは買い物やサービスを利用する際に使うことが出来るのです。

楽天ポイントの使い方

このように現金のように使える楽天ポイントは実質的な値引きです。

昔の商店街だったら店頭で値引きやおまけをしてくれたものですが、これらをネット上で代替的に使えるようにしたのがポイントシステムなのです。

楽天の強み「楽天ポイント」

さて、この楽天経済圏の通貨ともいえる「楽天ポイント」ですが、他社のポイントサービスと比較しても大きなメリットがあります。

楽天経済圏全部で使える

1つ目のメリットが、広大な楽天経済圏にはあらゆるサービスがあり、これを使いこなすと効率的に楽天ポイントを貯めることが出来るのです。

広がる楽天経済圏

楽天市場でのショッピングはもちろん、楽天トラベルや楽天証券といったサービス、楽天カードや楽天銀行での利用でも楽天ポイントが貯まります。最近では楽天モバイルの発表もありましたし、ふるさと納税の際や楽天ゴールデンイーグルスの応援でも貯まります。

街での提携サービスも広い

さらにこの楽天ポイントは街なかでも使えるのです。

楽天ポイントの貯め方

提携しているマクドナルドやくら寿司、あるいはビックカメラや松坂屋などの店舗において「楽天ポイントカード」を使うことが出来ますし、電子マネーの「楽天Edy」やQRコード支払いの「楽天Pay」もあります。

楽天経済圏は生活の全てに広がっていると言っても過言ではなく、この通貨である楽天ポイントはとても便利なのです。

ポイントの還元率が超高い

さらにもう一つのメリットがポイント還元率の高さです。

楽天ポイントの貯め方

▽ポイント還元率とは? 利用金額に応じて貯まるポイントの割合(%)です。例えば楽天市場で100円の買い物をすると通常は1楽天ポイントが付くので、つまり1%のポイント還元率となるのです。

1%のポイントだけだと「そんなものか・ω・」となりそうですが、ここに楽天ポイントならではのカラクリがあります。

そうSPUです。

楽天ポイントの還元率

SPU(スーパーポイントアッププログラム)公式サイトより

通常1パーセントのポイント還元率が楽天の関連サービスを使うことでどんどんアップしていくのです。

買い物を楽天アプリから行うと+1%。支払いが楽天カードだとさらに+3%。さらに楽天モバイルや楽天ブックスなどを使うとさらに1%のプラスとどんどん還元率が高くなり、最大8%のポイント還元率にもなります。

これこそが楽天SuperPointUpプログラムの仕組みなのです。

SPUの仕組み

楽天SUPの還元率

SPU(スーパーポイントアッププログラム)公式サイトより

通常貯まるポイント  1%
楽天アプリを使うと +1%
月に一回本を買うと +1%
楽天モバイルを利用 +1%
楽天カードを使うと +3%
ゴールドカードだと +1%

しかしこの通常1%分のポイントが8倍の8%分のポイントになるということは、その分だけポイント負担がかかりますので、楽天にとったら大きなコストとなるはずです。

広大な楽天経済圏があることは大きな強みであるとともに、それにかかる楽天ポイントのコストは弱みにもなってしまいます。

楽天はなぜこのような超大盤振る舞いをするのでしょうか?

スポンサーリンク

楽天の「楽天経済圏戦略」

楽天はなぜこのような破格のポイント攻勢をするのでしょうか?

楽天ポイントは貯めやすい

他のポイントプログラムであるTポイントやPontaポイントは0.5%から1%が平均的な還元率なのに、楽天ポイントは最低でも1%以上と高い還元率なのですがこれは楽天側にとってみては大きなコスト。

しかし、楽天においては

楽天ポイントこそが事業のポイント

なのです。

「楽天市場だと、もちろん具体的な目的を持ってくるユーザーもいますが、特にこれが欲しいという具体的な目的をもっているわけではなく、楽天スーパーポイント目当てで、何かいいものがないかなと探しにくるユーザーがかなり多いんですね。」

出典:「楽天市場」媒体資料・広告メディアガイド

楽天市場はAmazonに押され気味だと言われていますが、物流のシステム化を進めるAmazonに対抗するためには、何か別の訴求点が必要。

また、ネットにおいてもリアルにおいても広範囲に広がる楽天経済圏においては、楽天ポイントを通じて消費者は回遊し、それによって消費行動などのマーケティングデータを把握することが出来るのです。

さらに楽天ポイントのもう一つのカラクリが楽天カード。

楽天カード

楽天が発行するクレジットカードなのですが、この楽天カードこそが楽天の秘密なのです。

楽天と言えばインターネット通販の楽天市場のイメージが強いですが、今やその実体は金融会社

楽天カードはメガバンク系のカード会社並みのシェア率ですし、楽天銀行の貸出残高は急拡大。金融サービスであるFinTechセグメントは大きな収益となっています。

楽天のセグメント別売上高(2016年)

楽天のセグメント別収益のグラフ

楽天の2016年度決算よりデータ作成

特に利益額においては顕著です。

楽天のセグメント別営業利益(2016年)

※金融サービスを色分け

楽天のセグメント別収益のグラフ

楽天の2016年度決算よりデータ作成

2016年度の営業利益額を見てみるとFinTechセグメントがインターネットセグメントを上回っています。

FinTechセグメントの一番の稼ぎ頭が「楽天カード」です。

楽天カードのクレジットカード市場でのシェア率を見ると三井住友や三菱といった銀行系の会社と肩を並べています。

クレジットカードのシェア率(2016年)

クレジットカードのシェア率のグラフ

日本経済新聞「主要商品・サービスシェア調査」より

この後、楽天カードの市場シェア率は更に伸びて、2017年度4~9月期の取扱高が1位となりました。

クレジットカード事業の売上(リボ払い手数料など)がとても大きいのです。

楽天ポイントの大盤振る舞いも、金融サービスにおける売上(クレジットカードのリボ手数料など)を見込むためであり、大きなコストが掛かったとしてもシェアを伸ばしたいわけです。

現にSPUにおいてもユーザーは楽天カードへと強く誘導されます。

楽天SPUの還元率

SPU(スーパーポイントアッププログラム)公式サイトより

なんと楽天カードを持つとポイントが3倍に

楽天経済圏、そして楽天ポイントの還元率の高さは楽天カードの強さがあるから出来ることであり、逆に言えば楽天経済圏と楽天ポイントの広がりの裏には楽天カードという金融事業があるのです。

一方、効率的な買い物ならやはりAmazonです。

東京なら1時間で生鮮食品が届くPrimeNowやお急ぎ便無料のAmazonPrimeの素早い買い物と、電子書籍Kindleなど充実したコンテンツが揃っています。

利益の大部分はクラウド事業のAWS(アマゾンウェブサービス)で稼いでいることや、音声スピーカーのAmazonEcho/Alexaによる近未来的な買い物体験と、やはりAmazonはテクノロジーの会社だと思うのです。

【参考】→Amazonの戦略と近未来の買い物体験

楽天ポイントの貯め方

とは言え、消費者視点からはやはり楽天ポイントの貯まりやすさは魅力的。

加盟店にて楽天ポイントを使う

どうせやるなら楽天経済圏を多いに利用して楽天ポイントをたくさん貯めようと思うのです。

さて、楽天ポイントを効率的に貯めるコツは日々の消費行動を楽天経済圏に結びつけることです。

簡単に言うと、全てのサービスで楽天を使いましょう!!(笑)

例えばインターネットショッピングをする時にはAmazonじゃなくて楽天市場を使うのです。

楽天市場
楽天市場
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted with アプリーチ

個人的には日常的な買い物や書籍などコンテンツの買い物はAmazonですが、イレギュラー系の買い物、特に家電などの金額の大きい買い物は楽天でします。ビックカメラもありますしポイントが多く貯まる方法を使うとポイントが何倍にもなるのです。

例えば楽天プレミアム・ゴールドカードを持ち、毎月「5」か「0」が付く日に買い物するとポイントが7倍にもなります。

また旅行の予約をする時には楽天トラベルを使います。

なんだかんだ言って国内宿泊施設登録数第1位で安いホテルを探せますし、金額も大きくなるのでポイントも溜まりやすいのです。

そしてモバイルとインターネットに関しては、楽天モバイルと楽天インターネットを使っています。

魅力は徹底的な安さであり、毎月固定費としてかかるネット代を出来るだけ安くしたい自分にとってはうってつけでした。

街なかにおいては「楽天ポイントカード」を持ち、支払いには「楽天Edy」や「楽天Pay」を使うようにしましょう。

楽天ポイントカード

これら3つはまさに楽天3種の神器であり、リアルな街なかにおいても楽天ポイントを貯められる方法なのです。

マクドナルドやくら寿司、ビックカメラや松坂屋などの提携店舗において支払い時に楽天ポイントカードを提示すると支払額に応じて楽天ポイントを貯められますし、その時の支払いが楽天Edyや楽天Payだとさらにポイントが貯まります。

おすすめとしては楽天Edyが付いた楽天ポイントカードであり、これ一枚あるとEdyとしてもポイントカードとしても使えるためにとても便利なのです。

楽天のサービスはとにかく多いのでここでは紹介し切れませんが、あるサービスを利用したいと思ったらそれが楽天(および提携サービス)にないかを探すと良いでしょう。

買い物 :楽天市場
旅行  :楽天トラベル
格安携帯:楽天モバイル
本   :楽天ブックス
フリマ :フリル
出前  :楽天デリバリー
銀行  :楽天銀行
株   :楽天証券
保険  :楽天保険
野球  :楽天ゴールデンイーグルスを応援
などなど

そして大切なのが楽天カードがあること。

楽天の戦略にハマってしまいそうな感じですが、やはり楽天カードがあると楽天ポイントが圧倒的に貯められますので持っておくことが大切です。

楽天カード

初めてクレジットカードを持つ方についても使いやすいカードであり、ゴールドカードなどの特典も良いものがあります。気を付けることはカードのリボルビング払いによる使い過ぎ。しっかりとカードの知識を身に着けて上手く利用するようにしましょう。

このように広がる楽天経済圏。

Web時代になったことで多くの買い物やサービスがネット上で行われますが、これらにおいて一括して楽天ポイントを貯められることはとても便利です。

また、個人的にはIDやパスワードが楽天のもの一つで済ませられること、そして楽天カードで支払いを行えば毎日の支出を把握出来ることにも利便性を感じました。

楽天ポイントを中心に楽天経済圏はより強いものになりそうです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信