東京生活.comホーム東京のコラムお得で便利な情報楽天経済圏のメリットと使い方

楽天ポイント

楽天経済圏のメリットと使い方

ポイントの効率的な貯め方。メリットを紹介

楽天ポイント|楽天経済圏のメリットと使い方の画像

楽天経済圏とは何なのか?楽天の戦略の中心である楽天ポイントについて紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

楽天経済圏とは?

日本におけるインターネットの代表的な企業「楽天」。

インターネット通販の「楽天市場」が創業事業ですが、今やプロ野球からクレジットカード事業、トラベル事業や携帯電話サービスまでをも持つ巨大企業です。

あまりにも事業範囲が広範囲であるため、楽天のサービス全体をまとめて楽天経済圏とも呼ばれています。

楽天経済圏の図

▽経済圏 経済活動が一定の独立性をもって営まれる地理的範囲 三省堂 大辞林

通常、国や貿易協定の言葉として使われるものですが、楽天経済圏においてもその独立性の強さからこのように使われているのです。

▽楽天経済圏の規模
流通総額 10.7兆円
会員数  11億人
展開国  190国と地域
国内会員数 9千万人
展開数   70サービス

そして経済圏において重要なのが、共通の通貨です。

楽天経済圏における共通の通貨こそが楽天ポイントであり、まるで通貨のように広範囲に使えるのです。

※CMでよく見かけるSPU。これは楽天SuperPointUpProgramのこと。楽天ポイントが効率的に貯まる宣伝なのです。

楽天ポイントとは?

では、この楽天ポイントとは何なのでしょうか?

楽天ポイントはこのように使います。

楽天ポイントの使い方

例えば楽天市場において1,000円の買い物をします。

すると最低でも1%の楽天ポイント(10円分)が付きます。このポイントは買い物やサービスを利用する際に使うことが出来るのです。

楽天ポイントの使い方

このように現金のように使える楽天ポイントは実質的な値引きです。

昔の商店街だったら店頭で値引きやおまけをしてくれたものですが、これらをネット上で代替的に使えるようにしたのがポイントシステムなのです。

楽天経済圏のメリット

とにかく貯まる楽天ポイント

同じようにポイントを貯められるサービスとして、TポイントカードやドコモのDポイントカード、ローソンのPontaカードなどがありますが、それらと比較しても楽天ポイントはとても貯めやすいのです。

楽天ポイントは貯めやすい

というのも、楽天経済圏は広大に広がりあらゆるサービスがあるので、これを使いこなすことで効率的に楽天ポイントを貯めることが出来るのです。

広がる楽天経済圏

広がる楽天経済圏

ありとあらゆる買い物が出来る楽天市場や旅行の手配が出来る楽天トラベル。楽天銀行や楽天保険などの金融サービスが揃い、ふるさと納税にも使うことができます。

最近では携帯電話会社の立上げも発表しています。

さらには街なかにおいても、提携しているマクドナルドなどの飲食店、ガソリンスタンドや百貨店などさまざまなお店で使えることが出来ます。

楽天ポイントの貯め方

その気になれば生活のすべてにおいて楽天ポイントを貯められるのです。

私たちの生活のあらゆる部分に使えることが楽天経済圏のメリットであり、これを使いこなすことで楽天ポイントも貯めやすくなるのです。

ポイントの還元率が高い

さらにもう一つのメリットとして、

楽天市場のイベントやカードの還元率の高さにより、とても貯まりやすい

のです。

楽天ポイントの貯め方

例えば楽天市場で買い物をした場合です。通常は買い物をした額に対して1%のポイントが付く仕組みですが、これにスマートフォン上で楽天アプリからの買い物だと+1%。支払いが楽天カードだとさらに+3%。さらに楽天モバイルや楽天ブックスなどを使うとさらに1%のプラスとどんどん還元率が高くなるのです。

これこそが楽天SuperPointUpプログラムの仕組みであり、他のポイントプログラムでは考えられないほどのポイントが付与されるのですが、ここで重要なのは楽天カードだと+3%になるところ。

楽天カード

楽天が発行するクレジットカードなのですが、このカードがあると楽天ポイントが驚くほど貯まっていくのです。

世の中には色々なクレジットカードがありますが多くの還元率は1%前後。しかし楽天カードに関しては、その仕組みを上手く利用すると還元率が何倍にもなり、最大20%ものポイントが付くような方法もあるのです。

スポンサーリンク

楽天経済圏の戦略

それにしても、楽天はなぜこのような破格のポイント攻勢をするのでしょうか?

楽天ポイントの還元率

SPU(スーパーポイントアッププログラム)公式サイトより

他のポイントプログラムであるTポイントやPontaポイントは0.5%から1%が平均的な還元率なのに、楽天ポイントは最低でも1%以上と高い還元率なのですがこれは楽天側にとってみては大きなコスト。

しかし、楽天においては

楽天ポイントこそが事業のポイント

なのです。

「楽天市場だと、もちろん具体的な目的を持ってくるユーザーもいますが、特にこれが欲しいという具体的な目的をもっているわけではなく、楽天スーパーポイント目当てで、何かいいものがないかなと探しにくるユーザーがかなり多いんですね。」

出典:「楽天市場」媒体資料・広告メディアガイド

楽天市場はAmazonに押され気味だと言われていますが、物流のシステム化を進めるAmazonに対抗するためには、何か別の訴求点が必要。

また、ネットにおいてもリアルにおいても広範囲に広がる楽天経済圏においては、楽天ポイントを通じて消費者は回遊し、それによって消費行動などのマーケティングデータを把握することが出来るのです。

さらに楽天ポイントのもう一つのカラクリが楽天カード。

楽天SPUの還元率

SPU(スーパーポイントアッププログラム)公式サイトより

ユーザーは高い還元率によって楽天カードへと誘導されます。

楽天と言えばインターネット通販の楽天市場のイメージが強いですが、今やその実体は金融会社

楽天カードはメガバンク系のカード会社並みのシェア率ですし、楽天銀行の貸出残高は急拡大。金融サービスであるFinTechセグメントは大きな収益となっています。

楽天のセグメント別売上高(2016年)

楽天のセグメント別収益のグラフ

楽天の2016年度決算よりデータ作成

特に利益額においては顕著です。

楽天のセグメント別営業利益(2016年)

※金融サービスを色分け

楽天のセグメント別収益のグラフ

楽天の2016年度決算よりデータ作成

2016年度の営業利益額を見てみるとFinTechセグメントがインターネットセグメントを上回っています。

何かとコストのかかるインターネットサービスを金融サービスでカバーしていると言えるのではないでしょうか。

楽天ポイントの大盤振る舞いも、金融サービスにおける売上(クレジットカードのリボ手数料など)を見込むためであり、大きなコストが掛かったとしてもシェアを伸ばしたいわけです。

楽天ポイントの貯め方

さて、そんな楽天ポイントの効率的な貯め方について紹介します。

重要なのは以下の3点。

①楽天のサービスを中心に使う
②街なかでは楽天ポイントカード
③楽天カードは必須カード

では、それぞれについて説明します。

①楽天のサービスを中心

まず大切なのが、とにかく楽天のサービスを利用するようにしましょう。

買い物 :楽天市場
旅行  :楽天トラベル
格安携帯:楽天モバイル
本   :楽天ブックス
フリマ :フリル
出前  :楽天デリバリー
銀行  :楽天銀行
株   :楽天証券
保険  :楽天保険
野球  :楽天ゴールデンイーグルスを応援
などなど

ありすぎる!!・ω・

これらの各種サービスを使う度に楽天ポイントが貯まるのですが、あらゆるサービスが揃っているため貯まるスピードが早いのです。

そして、ポイントの還元率が8倍になるSPUは必須です。

SPU の仕組み

楽天SUPの還元率

SPU(スーパーポイントアッププログラム)公式サイトより

通常貯まるポイント  1%
楽天アプリを使うと +1%
月に一回本を買うと +1%
楽天モバイルを利用 +1%
楽天カードを使うと +3%
ゴールドカードだと +1%

楽天市場アプリをダウンロードと、本を楽天ブックスで買うことならすぐに出来そうですよね。

楽天市場
楽天市場
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted with アプリーチ

もちろん楽天カードを持つことが一番ですが。(笑)

格安SIMである楽天モバイルの利用はお得なので、ぜひ検討してみると良いと思います。

毎月の通信費は安くなる上に、楽天ポイントも貯まり一石二鳥です。

②街なかでは楽天ポイントカード

一方、街なかで支払いの時のために楽天ポイントカードを持っておきましょう。

楽天ポイントカード

カードタイプとアプリタイプがあるのですが、楽天ポイント加盟店においてこの楽天ポイントカードを支払い時に見せると、金額に応じた楽天ポイントを貯められるのです。(Tポイントカードと同じ仕組みですね)

楽天ポイント加盟店にて

加盟店にて楽天ポイントを使う

マクドナルドやミスタードーナツなどの飲食店。ガソリンスタンドや百貨店など、街なかにも多くの加盟店があり、これらの店舗を利用する度に楽天ポイントを貯めることが出来ます。

楽天ポイントカードには様々なカードが発行されていますが、おすすめなのは電子マネーのEdy機能が付いたものです。

というのもEdyは楽天による運営であり、このEdyの使用においても楽天ポイントを貯めることが出来るのです。例えばコンビニにおいてEdyで支払うと、その度に自動的に楽天ポイントが貯まるのです。

そしてすごいのが、楽天ポイントカードの加盟店においてEdyで支払うと、通常の楽天ポイントに加え、Edy分の楽天ポイントも併せて貯めることが出来るのです。

楽天カードは必須

改めてということになりますが、やはり楽天カードは必須のカードです。

楽天カード

ブランド力が低いと言われようが、楽天にとっての金のなる木と言われようが、楽天ポイントを貯める上では必須のカード。

クレジットカードの中でも還元率の高さは群を抜いていて、2017年度4~9月期の取扱高が1位となりました。

クレジットカードのシェア率(2016年)

クレジットカードのシェア率のグラフ

日本経済新聞「主要商品・サービスシェア調査」より

大量のポイントが付くと共に、年間費が永年無料であること、審査のハードルが低いということも理由として挙げられるでしょう。

※今なら入会するだけで5000ポイントも

また使いやすさでも優れていて、年会費2,160円の上位カードである楽天ゴールドカードだと空港ラウンジが無料で利用出来るというのも大きいです。

今や生活の中心であるインターネットサービス。それを総合的に提供している楽天だからこそ発行出来るカードであり、私たち消費者にとっても恩恵が大きなカードです。

カード初心者にとっても持ちやすいカードであり、カードの使いすぎ・リボルビング払いに注意をしながら使ってみるととても便利なことでしょう。

記事を書き終えて思ったのが、楽天経済圏の大きさとそれを背景とする楽天の金融会社化です。やはり創業者が銀行出身なんだなと。一方でライバルのAmazonはクラウド事業のAWS(アマゾンウェブサービス)で利益の多くを稼いでいます。私たちユーザーにとっては便利なネット通販ですが、企業にとっての運用コストは大きく他に稼ぐ事業が必要なのかもしれませんね。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信