東京生活.comホーム東京の住みやすい街東京の北エリア池袋家電が安いのは?ヤマダ電機 vs ビックカメラ

池袋

家電が安いのは?ヤマダ電機 vs ビックカメラ

家電激戦区「池袋」2つの電器店の比較です

池袋|家電が安いのは?ヤマダ電機 vs ビックカメラの画像

池袋はヤマダ電機とビックカメラの価格競争が激しく、アウトレットもあり安く家電を買える街かも。お得なポイントも重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の家電激戦区「池袋」

池袋には2つの巨大家電量販店があります。

ikebukuro-152.jpg

「ヤマダ電機」と「ビックカメラ」が、まるで対峙するかのように向かい合っているのです。

ヤマダ電機 LABI1日本総本店

LABI1総本店池袋

家電業界第1位ヤマダ電機の都心駅前型店舗の旗艦店。「日本総本山」のとおりヤマダ電機の総力を上げて作った総合巨大店舗。

ビックカメラ 池袋本店

ビックカメラ池袋本店

家電業界第2位ビックカメラの本店。池袋には複数の店舗があり「アウトレット」や傘下の「ソフマップ」での買い物も便利です。

言うならば家電量販店業界の1位と2位の最主要店舗がガチンコで向かい合っている場所であり、それは激しい価格競争を繰り広げているのです。

まさに

家電戦争勃発中!!

なのです。

池袋駅からの行き方

2つの家電量販店が向かい合っているのは池袋駅東口。

西武百貨店がある側に出るようにしましょう。

池袋の電器店地図

目の前に「ヤマダ電機」があり、明治通りを挟むようにして「ビックカメラ」があります。

さらにぞれぞれの別館が、この周辺に散らばるように存在しているのです。

人生において家電は大きい買い物です。

家計の中でも大きな出費であり、いくらネットで買えるとしても実物をしっかりと見て比較検討をしながら買いたいもの。そんな時に、2つの巨大店舗が面している池袋は買い物しやすいです。

しかも負けられない低価格競争により価格が安い傾向にあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まずはヤマダ電機へ

池袋で家電を買うならば、まずはヤマダ電機へ向かうことをオススメします。

というのもヤマダ電機池袋店は一つの建物に全ての電化製品が揃っているからです。

ヤマダ電機のフロアマップ

ヤマダ電機のフロアマップ

出典:LABI1総本店池袋

さらに店舗面積が大きく通路も広々、展示商品数も多いので欲しいものをじっくりと見やすいのです。

まずはヤマダ電機で製品がどんなものなのか、価格はいくらなのかを確認してみると良いでしょう。

場合によっては店員さんに声をかけてみて、商品の質問をしたり価格交渉をしてみましょう。

もちろんお店側もお客さんがビックカメラと比較しながら購入をすることは十分承知しているため、このように断って一旦お店を出るのも良いかと思います。

ビックカメラの店舗へ

つづいてビックカメラへと向かいましょう。

池袋のビックカメラの店舗

ビックカメラは池袋に複数の店舗あります。

家電総合→池袋本店
パソコン関係→パソコン館
本格的なカメラ→カメラ館
中古・アウトレット→アウトレット館

基本的には全てが揃っている(スマートフォンやカメラ含む)のが「池袋本店」です。またパソコン本体やソフト、関連商品があるのが「パソコン館」です。

ビックカメラのフロアマップ

ビックカメラのフロアマップ

出典:ビックカメラ池袋本店

ビックカメラの店舗はけっこうごちゃごちゃとしていてちょっと歩きにくいので、ささっと売り場へと向かいましょう。

目的の商品を見つけたら価格を確認して、ヤマダ電機と比較しながら店員さんと交渉してみましょう。

▽店員さんの服装について ビックカメラの店員さんはベストの色によって「赤色」が社員さんで、「黒色」が派遣さんという区別があるそうです。

ネットの情報によると赤色を着ている社員さんだと価格交渉がしやすいなどの噂もありますが、実際は社員さん派遣さんバイトさん関係なく価格交渉出来るとのことなので、これはあまり気にしなくても良いと思います。

アウトレットも覗いてみる

さらに本当に安くしたいならアウトレットも見てみましょう。

ヤマダ電機は「YAMADA IKEBUKUROアウトレット・リユース&TAXFREE館」として、ビックカメラは「アウトレット池袋東口店」としてあります。

もちろん新製品ではありませんが、その分かなりの低価格で家電を購入出来ます。

新生活を始める時など家電を揃えると大変な額になってしまうので、アウトレット商品なども利用して賢く買い物すると良いでしょう。

ポイントシステムを確認

ここで「ヤマダ電機」と「ビックカメラ」のポイントシステムについて確認します。

ポイントシステムとは実質的な値引きです。家電のように単価が高い商品だとそのポイント額も大きいので、しっかりと把握しておくとお得に買い物が出来るでしょう。

ヤマダ VS ビックカメラ

ヤマダポイント 内容 ビックポイント
1ポイント=1円 ポイント価値 1ポイント=1円
10% 現金還元率 10%
8% クレカ還元率 8%
10%(ヤマダLABIカード) 提携カード還元率 10%(ビックカメラSuicaカード)
1年 ポイント有効期限 2年

両店とも現金による支払いの場合、購入額に応じ10%がポイントとして還元されます。

クレジットカード払いの場合だと8%となってしまいますが、提携クレジットカードの場合だと10%のままなのでお得です。

▽おすすめのクレジットカードは? 個人的にはビックカメラの「ビックカメラSuicaカード」をオススメします。10%ビックポイント還元な上、Suica払いだとさらに1.5%のビューサンクスポイントが付くので実質的に11.5%のポイントが付きます。Suicaへのオートチャージにも使えるので、東京住みにはぜひおすすめです。

またポイントの有効期限にも違いがあり、ヤマダ電機は最終利用日から1年である一方ビックカメラは2年です。家電の購入頻度は高くはないでしょうから、これも考慮した上でどちらで買うかを考えると良いでしょう。

池袋は「ヤマダ電機」と「ビックカメラ」の2大家電量販店の本店同士が低価格を競う街です。おそらく東京で最もお得に家電を買える街であり、ぜひ両店舗を見比べながら買い物を楽しみたいものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたにオススメの記事です

<< 池袋の記事一覧  

池袋に住むなら


【不動産サイト比較】家を探す

近くの街はコチラ

  東京の街を探す  

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram


運営|文章|写真:© 2019東京生活.com  お問合せ