東京生活.comホーム東京のコラムひとり飯とカフェ池袋で一人でご飯。おすすめグルメ11選

ひとり飯

池袋で一人でご飯。おすすめグルメ11選

池袋で一人の時。何を食べますか?

ひとり飯|池袋で一人でご飯。おすすめグルメ11選の画像

池袋で空腹になった時のために、美味くて、安くて、一人でも入りやすいお店をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

池袋のおすすめひとり飯1

「かるかや」のうどん

孤独のグルメにも出てきた都会のエアスポット

池袋のおすすめグルメ|かるかやのうどん

西武百貨店の屋上です

池袋のおすすめグルメ|かるかやのうどん

池袋西武百貨店の屋上で食べれるうどんです。そう、孤独のグルメでも出てきた都会のエアポケットで食べれるうどんです。麺はこしがあってモチモチとした太麺。卵をしっかりとからませながらズズズッと食べました。なによりも空を見ながら食べられるの良いです。天気と相談しながら訪れてみてください。

かるかや[食べログ] 値段:410円 場所:池袋西武百貨店の屋上 地図・営業時間

スポンサーリンク

池袋のおすすめひとり飯2

「美松」の定食

正しい定食を食べたい時に

元写真

毎日お昼に行きたいくらい

池袋のおすすめひとり飯|美松 池袋のおすすめひとり飯|美松

正しい定食を食べたくなった時にはここへ。ご飯に味噌汁に漬物。小鉢に主菜の定食屋さんです。どれも家庭的でしっかりとした味でとても美味しいです。黒板にぎっしり書かれた主菜を選ぶのだけど確実に迷います。小さなお店で他のお客さんの料理も目に入るからより迷います。毎日でも来たいお店で「今日は◯◯にしようかな」と言いたくなります。

美松[食べログ] 値段:1100円 場所:池袋駅西口。大通り沿いのマルイの少し先 地図・営業時間

池袋のおすすめひとり飯3

立ち食いそばの「大黒そば」

立ち食いそばならここ

大黒そば

池袋でもトップにあげる人が多い立ち食いそばです。入ってみたら、店主のおじちゃんとおばちゃんが空気感を支配していた笑。蕎麦は注文してから茹でるし、オニギリも注文してから握るよう。そのためか入店時しか注文を受けないようなのでご注意を。ゲソかき揚天そば450円。しっかりとした細麺の蕎麦。天麩羅は徐々に汁が染み込んで、油が辛口の汁とよく合う。お客さんの注文を聞いていると、ちくわ天、春菊天、コロッケ、メンチ色々あるので、次回は何にしようとか、卵と合わせようかなとか、妄想を膨らませながら食べました。もりそばやオニギリも味わってみないと。

大黒そば[食べログ] 値段:450円 場所:池袋西口東京芸術劇場の向かい 地図・営業時間

池袋のおすすめひとり飯4

「いわもとQ」の小天丼必須のもりそばセット

小天丼が美味いのでセットがおすすめ

いわもとQの蕎麦小天丼セット
いわもとQの小天丼
いわもとQの蕎麦

天丼が美味いとのことなので、小天丼ともりそばのセットを。630円。セットは、天麩羅だけ、普通の天丼、小天丼とサイズを選べるので、その時の空腹感に合わせて選びましょう。サービスが良くて、玉子や揚げ玉が無料だし、蕎麦湯も飲むことが出来ます。アンケート箱がいっぱいなのは改善をどんどんしている証拠なのかもね。蕎麦は細くてつるつる。甘い感じの田舎そば。出汁も美味い。天麩羅も揚げたてで美味しくてご飯も温かでした。

いわもとQ[食べログ] 値段:630円 場所:池袋西口。立教へ向かう大通り沿い 地図・営業時間

池袋のおすすめひとり飯5

「フォーベト」のフォー

さっぱりとベトナム料理を食べたい時

フォーベトのフォー|池袋のグルメ
フォーベト|池袋のグルメ
フォーベトのベトナムコーヒー|池袋のグルメ

梅雨はサッパリしたものを食べたい季節。ベトナム料理なんてどうでしょう。フィリピンパブがたくさん入ったビルは怪しげだけど、このお店は女性に人気です。外国人日本人問わずね。さっぱり軽いランチにしたかったので頼んだのは前菜セット。ランチの時間は全て780円だけど、13時過ぎになると680円になります。合理的ですね。鶏ガラスープのフォーは優しい味で、すっと入ってきます。そこにレモンを入れると甘酸っぱくなる。そしてパクチーを入れると一気に刺激的な味に。ベトナムコーヒーもそのままだと苦いけど、底の練乳をかき混ぜると甘くマイルドに。変化を楽しみましょう。やはりギャップって大切ですね。

フォー・ベト[食べログ] 値段:680円 場所:池袋西口。マルイの裏のビルの中 地図・営業時間

池袋のおすすめひとり飯6

「キッチンABC」の洋食ランチ

がっつり洋食を食べたい時

キッチンABC|池袋のグルメ
キッチンABC|池袋のグルメ
キッチンABCのサンプル

がっつり洋食を食べたい時ありますよね。そんな時に行きます。入り口のサンプルはどれも食欲をそそられます。店内は男のための洋食定食屋の雰囲気。ちなみにスタッフの方も男性ばかりでした。ハンバーグにカニクリームコロッケ、ベーコンエッグの生姜焼きのセット。ご飯もたっぷりだし、このセットで1,000円はうれしいです。子供の夢のようなセットだけど、かかってるのはちょい辛のチリコンカンソースで男っぽかった。東口にも店舗があります。

キッチンABC[食べログ] 値段:1000円 場所:西口。東京芸術劇場の近くの脇道 地図・営業時間

池袋のおすすめひとり飯7

「開楽」のジャンボ餃子

中身ぎっしりの特大餃子

開楽のジャンボ餃子
開楽のチャーハン
池袋の開楽

お店の入り口はクールな感じの中華屋さんですね。流行りのラーメン屋みたい。伝統ある大衆中華料理屋らしいんだけどリニューアル済みなので女性にも入りやすそう。でもメニューは伝統的。中華屋さんにあるメニューは一通り揃っています。とりあえず伝統に則って半チャーハンと餃子のセットを。800円。餃子はジャンボ。なにしろデカくてなかなかの食べ応えです。モチっとした肉厚の皮の中には具がぎっしりと。齧ると肉汁がジュワッと飛び出てくるくるので、下にレンゲを置いて、溜まったスープを啜りました。

開楽[食べログ] 値段:800円 場所:グリーン大通りの裏くらい 地図・営業時間

池袋のおすすめひとり飯8

「天龍」の餃子

東武百貨店の中の中華屋さん

天龍の餃子
天龍の餃子ライス
銀座天龍池袋東武百貨店

でっかい餃子が六個。いや、六本と数えたくなるような大きさです。餃子だけでも充分なボリュームですが、白米はやはり食べたい。そこで餃子ライス870円。小ぶりな茶碗に一杯が付いてます。餃子の味は大きさ同様どっしりと。香味野菜を使ってないせいか跳ね上がらない感じでした。ニオイが付かないので仕事中の昼休みでも安心だし、東武百貨店の中なので広々としてるし。餃子をひたすら食べ、時々白米を。そして水をゴクゴク飲む。そんな風にシンプルに餃子を楽しむことが出来ます。

天龍[食べログ] 値段:870円 場所:東武百貨店のレストラン街 地図・営業時間

池袋のおすすめひとり飯9

「イーストヴィレッジ」のチーズバーガー

かなり美味しい贅沢バーガー

イーストヴィレッジのチーズバーガー
池袋で美味しいハンバーガー
イーストヴィレッジのチーズバーガー

チーズバーガー。1200円。ちょい高だけど、美味しいハンバーガー屋さんでした。パティも、ミートも、チーズも、ポテトも、美味かった。池袋の片隅にぽつんとある小さいお店で、夜遅かったせいかマスターが1人で注文を受け、調理をし、細い階段を上って料理を持ってきてくれました。なんというか、素材の一つ一つが味わい深いのです。ケチャップとかで味が誤魔化されないで、その素材を単独で食べても間違いなく美味いのです。それらが混ざり合って、その味はより一歩高い場所へと昇華。ミートを食べ終わったあとに、残ったチーズだけを食べても幸せを感じました。

イーストヴィレッジ[食べログ] 値段:1200円 場所:東口のサンシャイン通りの裏道 地図・営業時間

池袋のおすすめひとり飯10

「エー・ラージ」のインドカレー

本格的なインドカレーを味合うなら

エー・ラージのカレー

本格的なインドカレーです。店内もインドぽい装飾で本格的に本格的に食べたい時はおすすめです。人気店なのでランチタイムは少し並びました。ものすごく辛いというわけではないのですが、香辛料たっぷりなので汗が吹き出してきて、真夏なのに外に行ったら涼しいほどでした。やはりインドで食べられる理由が分かりました。

エー・ラージ [食べログ] 値段:1000円 場所:サンシャインの裏。東池袋駅の近く 地図・営業時間

池袋のおすすめひとり飯11

「かえる食堂」のカレー

やさしい雰囲気のカフェ系カレー

池袋のおすすめグルメ|かえる食堂
池袋のおすすめグルメ|かえる食堂

池袋のはじっこの住宅街の中にあるカレー屋さん。というよりもやさしい雰囲気のお店でカフェのよう。ご夫婦でやってる感じです。やさしい味を想像してたけど、カレーの方はなかなかスパイシーでした。野菜がゴロゴロ入って、手羽先はほろほろとし美味いです。デザートはやさしい味のアイスでした。空いた頃の昼下がりがおすすめです。

かえる食堂[食べログ] 値段:750円 場所:場所:池袋西口をまっすぐ。要町駅のが近い 地図・営業時間



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

おすすめの記事です。

新着記事はtwitterで配信

SNSもぜひ

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信