東京生活.comホーム東京のコラムひとり飯とカフェ西武屋上「孤独のグルメ」のうどん屋がお洒落に

かるかや

西武屋上「孤独のグルメ」のうどん屋がお洒落に

リニューアルした「食と緑の空中庭園」で営業

かるかや|西武屋上「孤独のグルメ」のうどん屋がお洒落にの画像

大人気漫画「孤独のグルメ」に出てきた池袋西武百貨店の屋上にある讃岐うどん「かるかや」が、すっかりお洒落なお店になっていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

孤独のグルメの讃岐うどん

「孤独のグルメ」の第16話。

そこに出てきたのが、"都会のエアーポケット"ことデパートの屋上にある讃岐うどんです。

生卵がひとつとたっぷりの大根おろしに加え、揚げ玉とネギが入っている。ツユの色は薄く、あっさりしている。麺は手打ち風で、角が立ってしっかりしている。

出典:『孤独のグルメ』

かるかやの月見うどん

このうどんこそが、池袋の西武百貨店にある讃岐うどん屋「かるかや」のうどんです。

たしかに太くモチっとした麺に生卵と揚げ玉とを絡ませながら食べるうどんは美味しく、ズルズルっと食べ応えがありました。

改装前のかるかや

しかも話のとおり、百貨店の屋上は人が少なく青空の下のんびりとした雰囲気で、階下のレストラン街の混雑ぶりとは対称的で、まさに"都会のエアーポケット"でした。

池袋西武のかるかや

西武の屋上がリニューアル

食と緑の空中庭園

しかしです。そんな西武の屋上に持ち上がったのがリニューアル計画です。

「食と緑の空中庭園」としてクロード・モネの絵画を模した緑あふれる空中庭園と、お洒落な食のお店が揃う空間になったというのです。

(良い意味で)何も無かった都会のエアーポケットと、無骨な感じの讃岐うどん「かるかや」はどうなってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

デートできそうな空中庭園に

モネの空中庭園

緑と池の幻想的な風景。秘密の裏庭という感じの雰囲気になんとなく惹かれてしまうのです。

昼間の庭園も良さ気だが、やはり夜のライトアップの頃が良いです。

日暮れ時を狙って池袋に来たのですが、少し早めに着いてしまったので、店内を巡って時間を潰します。

池袋西武百貨店の屋上

日没の時間の頃、もう良いかなと屋上に。

扉を開けると今までとは全然違った風景が広がっていました。
池袋西武百貨店の屋上

今までは単にコンクリートにテーブルが無造作に置かれていたただの屋上だったのに、それが光が溢れる空間に変わっていたのです。

屋上の真ん中の部分には、バーのような円形型の光るテーブルが置かれ、内側には水が讃えられています。
池袋西武百貨店の屋上

売店と自動販売機しかなかったのに、なんか色々とありました。
西武屋上のイートイン

レストランもあって、ここではビールもワインも牡蠣をつまみにしながら飲むことが出来るようです。
池袋西武屋上のレストラン

モネの空中庭園は奥の方。
池袋西武屋上の空中庭園

緑が鬱蒼と茂り、池には橋が架かっています。

ここが池袋西武の屋上とは思えなくなるが、サンシャインで池袋に居ることを実感。

池袋西武の屋上

しかし、このようなお洒落な場所になってしまうと、もはや今と同じ場所であることが疑わしく、かるかや存在自体を危ぶんでいました。

かるかやはありました

池袋のかるかや

こんな風になっているとは。変わるものは変わるものですね。

メニューもきれいになっている。
池袋かるかやのメニュー

しかし、内容はそのままです。

窓口から注文をすると、前からのおじちゃんが作ってくれます。

ここまで変わっていると、月見うどんじゃなくてカルボナーラのような気分でした。。

こしのある太めの不揃いの麺を、汁と生卵に絡ませながら、ズズっと。
かるかやの月見うどん

うまい。
池袋かるかやのうどん

味もそのままです。

変わる部分と変わらない部分。
西武百貨店の屋上

スピーカーからは静かにワルツ・フォー・デビーが流れていました。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信