東京生活.comホーム東京の住みやすい街東京の北エリア池袋池袋の巨大ゴミ処理システムを見学

豊島清掃工場

池袋の巨大ゴミ処理システムを見学

巨大ゴミ焼却炉と日本一の高い煙突

豊島清掃工場|池袋の巨大ゴミ処理システムを見学の画像

池袋駅の北にそびえ立つ高い煙突。それが豊島清掃工場です。巨大なゴミ焼却炉を見学してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

池袋駅の北に建つ巨大な煙突。

池袋の豊島清掃工場

ちょっと気になりますよね。

実はこれ、ゴミ焼却炉の煙突なのです。

豊島区にある唯一の清掃工場である、豊島清掃工場の煙突です。

池袋駅からわずか5分の距離にある巨大なゴミ処理システムですが、無料で見学出来るのです。

ということで行ってきました。

スポンサーリンク

池袋の北にある豊島清掃工場

池袋の繁華街を抜け出して、街の北側へ。

すると、ドドンと。


はい、煙突ー。

豊島清掃工場の煙突

近づくと、でかさが際立ちマッスル。



余りにも高すぎて、高さの感覚がなくなるけれど、この煙突210メートルもあるらしいですよ。

この210メートルというのは、池袋のランドマーク「サンシャイン」と同じ高さです。

豊島清掃工場の煙突の高さ

というのも、煙突から出てくる塵が、サンシャインに降りかからないための対策らしい。


ではでは、中に入ります。
豊島清掃工場と健康プラザ

この清掃工場といっても、豊島区の公共施設といった感じです。
豊島区健康プラザ

廃熱を利用した屋内プールとかがあるのです。近くに住んでいたらジム代わりに良さそう。

ロビーには、豊島清掃工場の全体像が。
豊島清掃工場の模型

煙突が高すぎるから、全体像を見るには模型が分かり易いですね。

豊島清掃工場の見学会

こんな感じで見学していくみたい。

豊島清掃工場の見学会開始

ということで、見学会開始です。

まずは、研修室みたいな部屋でしばし待機。

各々の前には、資料とかが置かれていました。
豊島清掃工場でもらった資料

内容は、豊島清掃工場に関するものとか、東京都のゴミについてとかです。
清掃工場見学会

眺めながら待っていると、案内してくれる清掃工場の人が登場し、まずはゴミ処理に関するDVDを見せてくれます。
DVDを見る

DVDを見終えると、さっそく豊島清掃工場の見学が始まります。

見学者は5人だったのに、案内してくれる人が2人という手厚い歓迎状態でした。

まずは、窓から見える、豊島工場の煙突です。
豊島工場の煙突

日本1位の210メートルの超高層煙突の高さは
だてじゃない。
豊島清楚工場の煙突の概要

この、煙突の中には、保守管理用のエレベーターと螺旋階段があるそうです。同じ高さのサンシャインを階段で上ることを想像してみてみる。
豊島清掃工場の煙突の階段

ゴミ処理の流れを見学する

それでは、ゴミの処理過程を見てみましょう。

まずは、ゴミを貯めるゴミバンカ。
ゴミバンカ

池袋とか、新宿とかから集められたゴミが大量に溜まってます。
収集されたゴミ

そして、それらを掴み取る巨大クレーンマシーン。
ゴミのクレーン
巨大すぎるのに、なんか可愛らしいデザイン(笑)。

クレーンは2台あって、ゴミを撹拌するために、絶え間なく動いてます。
ゴミのクレーン

持ち上げて。
ゴミのクレーン

チュドーン!!
ゴミのクレーン
落としたりを繰り返す。
ゴミ袋を破いたり、ゴミを撹拌させることで、乾燥させるそうです。

んで、時々、焼却炉へと放り込みます。
焼却炉へ

基本的に自動運転で24時間稼働してるみたいだけど、
細かい所は人の目が必要なようで、時々人力で動かすようです。
クレーンの操作
クレーン操作室。

んで、さっきのゴミバンカへとゴミを放り込む場所。
プラットホーム

都内を走り回ったゴミ収集車がやってくると、
後ろの観音扉が開いて、どんどんゴミを放り込みます。
ゴミ収集車

でも、粗相をして、ゴミが溢れだしたりするので、そこは人力で。
ゴミを集めている

こっちは、小さいサイズのゴミ収集車や、家庭からの持ち込み用。
小型のゴミ収集車用

床が持ち上がって、ゴミを放り込みます。
床が持ち上がる

この場所は、プラットホームと言うんだけど、
匂いが外部に漏れないように、いろんな工夫がされてるようです。
匂いが外に出て行かない工夫

こうやって集められたゴミは、さっきのゴミクレーンを使って、
焼却炉で燃やされるわけです。

焼却炉は、こんな感じ。
焼却炉の模型

この豊島清掃工場の焼却炉は、流動床炉と言って、
高温に熱した砂を空気でかき混ぜる中に、
ゴミを投入して燃やす形式となっています。

全体だと、こんな感じ。
焼却炉の模型

そして、焼却炉で燃やされたゴミは、灰として固められて、
最終処分場へと、排出されていきます。
最終処分場へ

その灰を貯めるのが、灰バンカ。
灰バンカ

空気を清浄する

まあ、ゴミ排出の流れはこんな感じなんですが、
現在のゴミ清掃工場で大事なのは、焼却の時に出てきた塵などの
汚い空気を清浄するシステムなのです。

これまた模型だけど、工場の大部分は空気清浄のシステムだったりする。
工場の大きな部分を占める

ゴミ清掃工場の空気清浄システム

そんな燃焼時の排ガスを処理するエリアです。
排ガスを処理

熱せられた空気が通るので、温度はかなり上昇中。
温度が上昇中

そして、空気は清浄中。
バグフィルタ

このバグフィルタを通して、空気が綺麗になっていきます。
後ろに見えるのが、実物。
空気を濾過する

じゃーーん。
バグフィルタに接写

こういうのがあるから、池袋の近くでゴミを燃やしても、
殺人級スモッグが発生しないんですよ。

ただね、ゴミ焼却で問題となっているのが、
燃えるゴミの中に、不燃物が捨てられることなんです。
燃えないで残ったゴミ

以外に見逃しなのが、クリップとかホッチキスの針とか。
燃えないで残ったゴミ

これらの不燃物は、焼却炉の下部に溜まってしまうことで、
メンテナンスが必要となったり、故障の原因になるそうです。

気をつけることが必要ー!。
不燃ごみの分別

ということで、池袋の豊島清掃工場でした。

全ての工程が自動化されていて、システマティックに膨大なゴミが処理されていく様子は、まさに巨大な工場のようで、東京での都市生活には欠かせないインフラを知れます。

池袋駅からも近く、行きやすかった。社会科見学におすすめです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

豊島清掃工場を見学

個人の場合、見学会の日程があり、その2日前の午後3時までに清掃工場に直接電話で申し込みが必要です。日程に関しては日程カレンダーにて確認してくださいね。





あなたにオススメの記事です

池袋の記事

<< 池袋の記事一覧  

近くの街はコチラ

  東京の街を探す  

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信