東京生活.comホーム東京の住みやすい街川崎エリア鶴見工場萌えとコリアタウン

鶴見線の散歩

工場萌えとコリアタウン

鶴見線といえば、工場萌えにとっては萌えすぎる地域で、たくさんの工場がありました。そして、コリアタウンもぶらりしました。

鶴見線の散歩|工場萌えとコリアタウンの画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

鶴見線の終点「扇町」から歩き始め、「昭和」まで来ました。

この周辺は、まさに工場地帯ということで、「工場萌えー」な風景を見ることが出来ましたよ。

スポンサーリンク

工場萌えな風景をたどってみる

さて、昭和電工の工場脇の「昭和駅」のホームです。
昭和駅のホーム鶴見線は旅客路線としての他に、工場地帯を走るため、貨物路線としての顔も大きく持っています。

昭和駅の近くには、貨物支線へのポイントがありました。
鶴見線の貨物支線
工場へはいる鶴見線
こうやって、どこかの工場なり埠頭なりに行くのですね。

途中に見かけた、一泊の宿の看板。
宿泊施設の看板
まだやっているのかな?

そういえば、駅の近くには、昔ながらの売店みたいのが何店かあったのですが、平日はやってたりしてるのでしょうかね?

工場萌えーな風景。
工場萌え
工場萌え
鶴見線の工場萌え
煙もモクモク出ていました。
鶴見線沿線の煙を出す工場
まあ、さすがにこの辺りは、空気が悪いというか、塗料だかシンナーだかの工業臭がしていました。

長時間滞在しすぎると、気管にも肺にも、眼にも悪いような気が、、。

砂のお山とショベルカー。
建築機械
鶴見線の貨物基地。
鶴見線の貨物基地
路線図を見ても分からないのですが、googleMAPとかで見てみると、貨物線はかなり広範囲に巡っていることがわかりますよ。

工場があり、埠頭がありと、大きな輸送量が必要なのでしょうね。

工場ばかりで、すれ違う人達もほとんど見かけなかったのですが、猫たちは多く見かけました。

さすがのニャンコ王国。
ニャンコ王国今度は、茶色の猫に見つめられてしまいました、。
茶色の猫
少し歩いてくると、産業道路と、その上を走る高速横羽線との十字路にやって参りました。
産業道路
この交差点は、「浜町」の交差点というらしいです。
浜町の交差点
鶴見線を巡っていくには、この交差点を横浜方面へと進んでいく必要があるのですが、その前にこの浜町周辺を探ってみたいと思います。

鶴見線沿線のコリアタウン

なんでもこの「浜町」はその隣の「桜本」と合わせてコリアタウンとしても有名らしく、どんな感じなのかちょっと楽しみでした。

産業道路を少し、品川方面へと進んでいくとすぐにコリアタウンとなっています。
浜町と桜本のコリアタウン
なんか立派そうな門も。
コリアタウンの門
チマチョゴリ姿の男女。
コリアタウンのマーク
「セメント通り」というのは、場所柄でしょうかね?

そんなセメント通りです。
セメント通り商店街
さすがに、大久保とかのコリアタウンに比べると閑散としてますが、焼き肉屋さんとかは多く見かけましたよ~。

川崎のコリアタウンの中心地なんでしょうね。
民団コミュニティセンター
大久保などの有名コリアタウンが、観光型コリアタウンへと変化している中で、きわめて日常的なコリアタウンを見た感じでした。

さて、こんな感じで鶴見線の工場萌え地域と、コリアタウンをぶらりしてきましたので、再び鶴見線の線路沿いへともどりつつ、沿線のぶらりを続けたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信