東京生活.comホーム東京の住みやすい街川崎エリア鶴見鶴見線の終点駅をぶらり

鶴見線の散歩

鶴見線の終点駅をぶらり

国道駅で鶴見線に飛び乗り、終点の扇町駅までやってきました。ここから、鶴見線の沿線をぶらりする旅が始まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

さて、そんな感じで慌てて駅へと戻って来ました。

電車が到着した音が聞こえたので、急いでホームへと向かいます。

国道駅で電車に飛び乗る

改札も無人です。自己責任で乗りましょう。
国道駅の改札
鶴見線は、ほとんどの駅が無人なのです。

自動改札すらもなく、Suicaをピピっと当てるだけの機械が立っているだけです。

隣に切符の券売機があったけど、切符の人はどうすれば良いのでしょうかね?

乗車証明書発行機なるものがあったけど、使用中止でした、、。
乗車証明書発行機
電車が来ているのが分かったので、慌てて階段を登ります。

国道駅の空中回廊
途中にあった、ホームの1番線と2番線とをつなぐ空中回廊を流し撮り。

こんな感じで、慌てて電車へと飛び乗りました。

本当は、鶴見線の写真を撮りたかったのですが、そんな余裕もありませんでした、、。

さてここで鶴見線についてちょっと説明させて頂きます。

鶴見線は、鶴見や川崎の工場地帯をトコトコと走っていく都会のローカル線なのでありますが、その路線がちょっと複雑なのです。
鶴見線の路線図
この地図を見ていただくと良いのですが、左側の鶴見駅を始点にして、路線が「m字状」になっているのです。

すなわち、「鶴見駅」を一つの始点として、「浅野」「安善」といった分岐点を通り、「新芝浦」、「大川」、「扇町」と3つの終点があるのです。

そして、走っている路線は「鶴見⇔新芝浦」、「鶴見⇔大川」、「鶴見⇔扇町」となっているので、それぞれの終点駅に行きたい時は、間違えないようにしないといけないのです。

しかも、走っている本数が、下手すりゃ数時間で1本レベルなので、絶対に間違えられない戦いがそこにあるのです。


では、旅に戻ります。

今回、私が国道駅で飛び乗った電車の終点は「扇町駅」です。

終点駅としては一番遠い駅なので、しばらくトコトコと電車に揺られていました。

扇町から鶴見線を歩いてみる


しばらく乗っていくと、「扇町駅」に到着!
扇町駅この「扇町駅」、ローカル線の中でも終点なので、周りには工場以外は何もありません。

扇町駅の先っぽは、貨物線のヤードになっているくらいです。
扇町駅の貨物線
駅舎も屋根があるくらいで、もちろん無人駅です。
扇町駅の駅舎
乗ってきた電車はしばらく停車していたら、鶴見駅へと引き返していくので、その電車を見送りました。
鶴見線を見送る
今回、私が引き返しの電車に乗らなかったのは、この周辺をぶらぶら歩いてみたかったからです。

とは、いっても周りに何もない無人駅で、電車を見送る喪失感は非常に大きかったです。

そんな喪失感を埋めてくれたのは、駅に住み着いているニャンコ。
扇町駅の猫
そう、この時の僕は、最終電車に乗り遅れ、猫の町に取り残されてしまったのだ。

この扇町駅もそうなのですが、鶴見線の多くの駅において、猫たちが住み着いているらしく、この後、色々な駅で猫たちと触れ合う事になりました。

さて、何もない猫の町にいつまでもいるわけにはいかず、とぼとぼと線路脇の道路を歩きはじめました。

とは言っても、この周辺は本当に工場しかなく、コンビニ一つありませんでした。
扇町の駅周辺
工場関係の風景には飽きませんがね、。

工場の防火設備。
工場の防火設備
クレーン車も一杯。
クレーン車
鶴見線よりも、バスを使ったほうが便利なのかもしれませんね。
臨港バス
この「臨港バス」の時刻表を見たら、鶴見線よりも多く走ってました。

そんなこんなで歩いていると、扇町の隣駅の「昭和駅」へとやってきました。
昭和駅
この朽ち果て感はまさに「昭和」です。

でも、この「昭和」の意味は、駅のすぐ脇が「昭和電工」の工場だからです。
昭和電工の工場
昭和駅の時刻表をパチリ。
鶴見線の時刻表
このレベルの本数なのです。

ということで電車はまだまだ先なので、さらに隣の駅まで歩いていきます。

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信