東京生活.comホーム東京の住みやすい街東京の北エリア赤羽迷路すぎる赤羽から十条への散歩

赤羽の散歩

迷路すぎる赤羽から十条への散歩

赤羽から十条への散歩は、迷路すぎて楽しすぎる。起伏溢れるアップダウンの繰り返しです。

赤羽の散歩|迷路すぎる赤羽から十条への散歩の画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

東京の北の入り口、「赤羽」ですが、そこから隣町である、「十条」への散歩が、起伏溢れる土地に、細い路地が入り組んで楽しすぎです。

そもそもの、最初のきっかけは、赤羽を題材にした漫画

東京都北区赤羽

だったのですが、最初のエピソードで、赤羽に移り住んだ著者が、赤羽で迷い込んだということから、自分も迷い込みたくなって、迷うつもりでぶらりしてきました。

スポンサーリンク

起伏溢れる赤羽の西口

では、赤羽駅の西口からスタートして、隣町の十条まで行きたいと思います。

赤羽駅西口

赤羽駅西口のロータリー

そういえば、赤羽駅の西口には、ちょっと気の抜ける七福神の像が、。毘沙門天?
赤羽駅の毘沙門天

ギターじゃなくて、袋を持ち上げる布袋さん。

布袋さん

もはや何のポーズだか分からない恵比寿様。
赤羽駅の七福神

いやはや、おもしろすぎるモニュメントな所が、赤羽テイスト。

では、ここで、今回のぶらりの地図です。
赤羽の散歩地図

赤羽をスタートして、十条の商店街である、「十条通り商店街」をゴールとするのですが、その途中が、高台の地域でありながらも、入り組んだ路地がまるで迷路のような地域です。

しかも、ただの高台ではなく、上がったり下がったりを繰り返すような街で、それが面白すぎました。

赤羽の西口側は、低地である東口側と違い、起伏溢れる谷間に作られたような街です。
密集した赤羽駅西口側

文化遺産的な、赤羽台団地のある北側の高台もすぐ迫っていて、中心部は駅前にぐぐっと密集しているような感じです。

赤羽台団地も下にトンネルがあったりと、興味ある地域。
赤羽台団地

でも、今回は、南側の住宅街を中心にぶらりです。

南側も、再開発された駅前をすこし離れると、すぐに密集型住宅街地域。
赤羽駅の西口住宅街

そして、そんな街のすぐ裏側には高台へと駆け上がる急な坂道が、急に現れたりします。
急な坂

そして、そんな坂道を上がってみると、そこも住宅街となってます。
坂の上の住宅街

奥に見えるように、小さな商店街が並んでいて、坂の下まで行かないでも、ある程度の生活物資は揃うよな感じ。

普通、高台の上だと高級住宅街というイメージが強いのですが、赤羽はそのほとんどが普通の住宅街という感じです。
高台の住宅街

細い路地も入り組んでいたりする。
細い路地

さらにおもしろいのが、1つの高台があるだけじゃなくて、いくつかの小山が重なっているような地形なので、上がったり下がったりを繰り返して、まるで迷路のごとしです。
階段がたくさん

階段が本当にたくさんあります。
赤羽は階段の街

ギリシャのどっかの島のようなイメージ。

そういえば、この周辺は元々寺社街だったのか、このように入り組んだ場所なのに、お寺が多くありました。
法眞寺
鳳生寺

鳳生寺というらしいです。

鳳生寺

こんな風に入り組んでいる場所なので、やはり火災への備えは万全でないと。
防火水

街の中には、昔ながらの商店があって、おでんを売っていたりしてます。
おでんが売っている

そんなこんなで歩いていると、こんどは再び上がり口がありました。
急な階段が現れます

もちろん、その階段を上っていきます。
階段を上がる

手すりがちょっと心もとない。
心もとない手すり

ここの階段を登ると、一気に十条側の高台へと上がることが出来ました。

後ろを振り返ってみると、この辺り一帯が望めます。
急な階段と手すり

赤羽のくぼ地

迷路的に、密集した住宅街が広がっていました。
高低差が豊かな土地

では、さらに十条方面へと進んで行くと途中にあるのが、「清水坂公園」です。
清水坂後援

高低差溢れる広い公園で、ピクニックしたくなる感じ。
けっこう広いです

そんな、清水坂公園を脇に抜けていくとあるのが、同潤会十条住宅地です。
同潤会十条住宅地

古い住宅街で、昔ながらの長屋型の住宅が並んでいます。
昔ながらの長屋住宅と細い路地

赤羽・十条は高台なのに、広い高級住宅街でなくて、同潤会住宅なのが、やはり特徴的です。
密集型の十条同潤会住宅

そんな、住宅地を抜けると、環七通りが走っていて、十条駅から続く数百メートルの商店街の端っことなっています。
環七と十条銀座

赤羽は、東京都の北端だけでなく、山の手と呼ばれる高台地形の北端でもあるのかどうか、起伏に富んだ地形で面白かったです。

それぞれの住宅が密集しているので、まるで迷路のようで、一度迷い込むとなかなか出てくるのが大変なので地図を片手に持つのがオススメですが、一回迷い込んでぶらりしてみるのもどうでしょうか。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信