東京生活.comホーム東京のコラムお得で便利な情報自転車通勤の距離とかファッションとか

街の楽しみ方

自転車通勤の距離とかファッションとか

自転車通勤について、いろいろ考えてみました

街の楽しみ方|自転車通勤の距離とかファッションとかの画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

レンタサイクルに引き続いて、自転車の話題です。

自転車を借りるだけじゃなくて、
もっと本格的に自転車のことについて、
日常的に自転車を利用する時の事を
考えてみました。

そうです、自転車通勤です。

ぎゅうぎゅう詰めの通勤電車とサヨナラして、
爽やかな朝の空気の中を颯爽と
通勤出来る上に、運動にもなります。

スポンサーリンク

自転車通勤に適した距離

自転車という乗り物は、
自分の体力を使うものなので、
あまり体力を使いすぎて、自転車通勤の
後の仕事で居眠りをするというのもいけません。

なので、適切な距離にしておくのが重要です。
そして、自転車にとって安全に走りやすい道路を
選ぶのが重要です。

例えば、自転車の漕ぐスピードが、20km/時だとしても、
信号待ちが多いと、実際に進める距離は大分減ってしまいます。

自分自身のイメージとしては、
30分で10km進むのは、ルートを選んだり、
頑張ってペダルを漕ぐ必要があるかなという感じです。

さらに、漕げる距離は、ご自分の体力と相談しながらが
大切で、あまり無理しない距離にするのが大切です。

ルートによる距離や、そのアップダウンなどを
調べるには、ナビタイムの自転車ルート検索が便利です。

自転車に安全な道かの下見が必要

そして、何よりも重要なのは、その道が安全かどうかです。

トラックが行き交うような幹線道路を、
車の間をすり抜けていくのは、中々危険であり、
怪我や死亡するリスクが多いに高まります。

一番オススメなのは、地上を走っている鉄道路線に
平行している道を、線路が自分の左側に来るように
走るようにすると、交差点にほとんど交わらずに、
しかも直線が多いので、安全にスピードを出せるので
良いのですが、鉄道の高架化や地下化が進んでるので、
そういう道路はなかなか限られてきます。

なので、ご自分が走るルートを、休日などに、
ゆったりとした速度で走ってみて、
走りやすさや、危険な箇所を把握するための、
下見をしておくのが必要です。

シャワーを用意したりロッカーがあると良い

自転車は、けっこうな運動となるので、
汗をけっこう多くかきます。

はっきり言って、スーツで自転車を漕ぐのは
無理ですし、着替えるためのシャワーや
ロッカーを確保しておく必要があります。

例えば、今、自転車通勤向けの、
シャワー付きレンタルロッカーがあったりします。

そして、ランナー向けのサービスを利用しても良いと思う。
他にも、お風呂屋さんを利用したりとか、
アイデアは、色々とあります。

僕としては、会員制のスポーツジムなどに入会して、
そこでレンタルロッカーも借りて、スーツを置いといたり、
自転車通勤時には、シャワーと使ったりするのがオススメです。

自転車ファッションや鞄とか

やはり、それなりのこだわりを持ちたいです。

言えることは、利便性・快適性と、
ファッショナブルさの追求です。

私服通勤の人とかだと、よりこだわりやすいとも思います。

例えば、肌着やシャツなどは、着替えるのが前提です。
サドルで下着にも汗をかくので、出来れば替えを。

アウターなどは、自転車を漕いでる時も、
仕事してる時にも両立しやすいのを見つけると
良いかと思います。

もしくは、ロッカーとかにそれぞれのアウターを置いとくとか、
自転車漕ぐ時は、鞄に入れておくとか色々あると思います。

鞄に丸められるようなのもありかも。

パンツは、自転車向きで、かつお洒落なものを選ぶと良いかも。 鞄は、手が使いにくい事を考えると、
リックサックやメッセンジャバッグが良いと思うけど、
ビジネス用途との両立を目指すとなかなか難しいですよね。 パニアを自転車に付けて、
そこに、鞄を入れたり、着替えを入れたりするのも
良いかとも思います。 これが、スーツスタイルになると
また難しくなるので、色々と工夫が必要そうです。

なにはともあれ、工夫次第で、
安全で快適な自転車通勤が出来そうなので、
試行錯誤を続けたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信