東京生活.comホーム東京の住みやすい街西武線沿線新井薬師北側は紅葉の哲学堂でした

新井薬師の散歩

北側は紅葉の哲学堂でした

新井薬師の北側をぶらり。住環境の良い住宅街と、秋の紅葉が気持ちが良い哲学堂公園や三井文庫がありました。

新井薬師の散歩|北側は紅葉の哲学堂でしたの画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

さてさて、晩秋の秋が似合いすぎる新井薬師の街並みですが、まだまだ秋を楽しむには物足りません。

秋と言えば紅葉ですので、早速、新井薬師で紅葉を満喫できる場所へと向かいます。

新井薬師は、南側の中野方面は商店街と密集型住宅街となっているのですが、北側は色々な公園が結構多い街並みとなっています。

ということで、今回は、それらの公園の中でも最も大きめの「哲学堂公園」なる場所へと向かおうと思います。

スポンサーリンク

新井薬師前駅の北口へ進む

では、早速新井薬師の商店街を通り抜けて北側へと向かいます。

まずは、新井薬師前駅の脇の踏み切りを通り抜ける。
新井薬師前駅の踏み切り西武線新井薬師前駅の北口。
新井薬師前駅北口南口同様のこじんまりとした駅舎です。

新宿まですぐとは思えない感じでした。

メインストリートの北口商店街。
新井薬師北口商店街
バスがすれ違うとギリギリの道幅でした。

この道沿いに、「東亜学園高」なる高校もありました。

道幅が狭すぎるので、ちょっとわき道へと入っていきます。
新井薬師の住宅街
意外だったのが、一歩住宅街に入ってみると閑静な住環境が広がってました。

なんでも、この周辺の上高田は中野区の中でも高級住宅街が多い地域らしく、道も広々として良い環境ですよ。

そんな住宅街に突如現れた、「三井文庫」です。
三井文庫
三井文庫は、江戸時代から続く三井グループの歴史を伝える資料館で、三井の前身である越後屋で使われた帳簿とか、明治以降の大財閥となった時の決算資料とかがあるらしいですよ。

個人的に興味があったのですが、今回は時間がなかったのでパスっちゃいました、、。

さらに足を進めて、急な下り坂を下って、低地方面へ。
低地へと進む
低地方面にはやはり河川が流れています。
妙正寺川
その妙正寺川を渡ると、「哲学堂公園」です。
哲学堂公園
この哲学堂公園は、歩くだけで哲学を体験できるという大変便利な公園らしく、公園内には哲学を体験出来るさまざまなオブジェがありました。

哲学オブジェ一覧表。
哲学堂公園全体地図
どうやら七十七箇所あるらしく、縁起が良い数字です。

では、公園を歩いて哲学を学びましょう。

なんか哲学的な池です。迷路的な橋を電車気分で渡るのが好き。
哲学的な池
木立の中に入っていると、求めていた秋の風景が。
哲学堂の秋の風景
落ち葉が水面に浮かび、木漏れ陽が漏れるとか最高です。

そんな池のほとりには、こんなオブジェが。
哲学堂のオブジェ
このオブジェ、「きとう」と言うらしいですよ。
きとう
二股の茂みを、上の方へと登っていきますと、。
上へと登ってく
上は広い空間になっていました。
広い空間
もちろんこの空間も、哲学的に広い宇宙かなんかを表現してるのでしょう。

左に見えるは、この哲学的空間を支配しているホームレスの皆さん方、、。カオスですね。

そんな空間で日向ぼっこしているニャンコ。
日向ぼっこしている猫
妖怪門という門です。
妖怪門
おどろおどろしい名前ですが、何でもこの哲学堂公園は心霊スポットとしても有名らしいです。

写真に何も写っていないことを祈りつつ、そんな公園を後にしました。

こんな感じで、新井薬師の北側を巡ったわけですが、この哲学堂公園も含めて、妙心寺川に沿って、多くの公園があったりして緑も多く、秋には紅葉を楽しめる場所が多いです。

住宅街も閑静で、一部には高級住宅街と呼べる地区もあり、住環境としても良い場所でした。

この近くを通る「中野通り」も道路の左右に街路樹が植えられていて、このような秋の日には気持ちよく歩くことが出来ましたよ。

そういえば、駅への帰り道にこんな建物も。野村動物病院
テレビとかで有名になった野村動物病院です。下には、ランボルギーニなどもスポーツカーがいっぱいでしたよ。

この記事を、TBSの獣医ドリトルを見ながら書いていたので、ふと思い出してしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信