東京生活.comホーム東京のコラムお得で便利な情報公衆無線LANを使える格安SIMを比較

WiFi

公衆無線LANを使える格安SIMを比較

格安SIMでWi-Fiスポットは使える?

WiFi|公衆無線LANを使える格安SIMを比較の画像

格安SIMを公衆無線LANが使えるかで選びました。Wi-Fiオプションがあると便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

格安SIMを選ぶ時、何を基準で選びますか?

もちろん料金とか速さとかも大切です。どうせ格安SIMを使うなら、安い料金で速い速度が出るのを選びたいものですよね。

しかし私の場合、公衆無線LANを使えるWi-Fiオプションがあるかも重要視します。スターバックスとかのWi-Fiスポットを利用することが多いのですが、それを使えたら便利だからです。

大手携帯会社でスマートフォンを契約すると公衆無線LANオプションが付いてきますが、これと同じように格安SIMでもWi-Fiスポットを使いたかったのです。

格安SIMで公衆無線LANは使えるの?

格安SIMは多くの種類があり、仕組みも色々なのでわかりづらいのですが、

一部の格安SIMでは公衆無線LANを使えます。

これは便利ですよね。

格安SIMの場合、その安さゆえに

・安いプランだと通信容量が少ない
・混雑している時間だと通信が遅くなる

などのデメリットがあるのですが、公衆無線LANを上手に使えば通信容量を節約出来るし、混雑で繋がりにくい時でも公衆無線LANだと速い速度を確保できます。

格安SIMのデメリットを補うことが出来るのです。

そんなわけで、公衆無線LANを使える格安SIMについて比較してみます。

公衆無線LANを使えるおすすめの格安SIMは?

では早速、公衆無線LANを使える格安SIMを挙げてみます。

まず一番おすすめのものとしては、、

BIGLOBE SIM

・安定のNTT docomoの回線を利用
・Secured Wi-FiとBBモバイルポイントが使える
・追加オプション代は無料※6GBプラン以上の場合
・6GBプランで2,150円(税抜)
・テザリングも出来るし、動画見放題オプションも

個人的に一番おすすめの格安SIMがBIGLOBE SIMです。

エリアがdocomo、Wi-FiスポットがSecured Wi-FiとBBモバイルポイントという充実度であり、安定した通信回線を手に入れたいならば一番です。

しかも公衆無線LANの利用が6GBプラン以上だと1ライセンスが無料で、さらにライセンスを増やしたい場合には250円で足せる。つまり、スマートフォンでは無料のライセンスを使い、パソコンでも使いたい場合は250円で追加すれば良いのです。

さらにですね、公衆無線LANが無い場所でもパソコンをネット接続したい時にはテザリングが出来たり、YoutubeやApple music、AbemaTVなどの動画・音楽サービスを無制限で使えるオプションもあったりと痒い所に手が届く格安SIMなのです。

かなりオススメです。BIGLOBE SIMの良さについて下ページでまとめましたのでぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

UQモバイル

・au端末をそのまま使いたいならこれ
・Wi-FiはWi2 300が無料で使える
・6GBと無料通話180分が付いて2,980円(税抜)
・テザリングも出来ます
・SNSは節約モードでデータ消費しない

お手元にある端末がauの端末の場合、格安SIMの利用は少し厄介です。

というのも、多くの格安SIMの回線はdocomoの回線を利用しているのですが、auの回線を使っているものは限られているのです。auの端末をSIMロック解除しないまま使える格安SIMは、UQ mobile、mineo、Fiimo、IIJmioの4社なのですが、その中でも公衆無線LANを使えるのは、このUQ mobileだけなのです。

auの携帯端末をそのまま、かつ公衆無線LANを使いたいならばUQ mobileを選択するのが必然です。

そんなUQ mobileで使えるWi-Fiスポットはwi2 300です。これはauと同じくKDDI系の公衆無線LANサービスであり、スターバックスやタリーズなどのカフェで利用が出来ます。これを無料で使えるのは嬉しいところ。

しかしですね、全体的にはちょっと割高な格安SIMになってしまいます。やはりauの回線を利用出来る格安SIMは希少だからでしょうか。

auの端末をそのまま使いたいならUQモバイルだぞっ。という感じで使えば良いかと。

▽SIMロック解除について 格安SIMにはdocomo回線を使っているものがほとんどであり、docomo系端末はSIMロックせずにそのまま使えます。ソフトバンクの場合はSIMロック解除機能の付いている機種ならSIMロックを解除した上で使えます。(→参考 )。auの場合にもSIMロック解除があるのですが、通信方式が違うため使えない可能性もあります。当該格安SIMにおいてどの機種が使えるかについては、それぞれの格安SIMの会社のWebサイトに動作確認端末が記載されているので、それで確認すると良いでしょう。)

OCN モバイル ONE

・NTT Communicationsが提供する格安Wi-Fi
・BIGLOBE SIMとサービスが似てるが少しだけ割高
・Secured Wi-Fiを利用出来る(無料)
・5GBで、2,150円(税抜)
・テザリングも出来ます

NTT系の格安SIMということで、docomoのエリアだし、Wi-Fiスポットも同じくNTT系のSecured Wi-Fiです。というか、Secured Wi-FiはBIGLOBEのWi-Fiスポットとしても使われるのですが、同じNTTということを考えるとこちらの方が大元ということでしょうか。

全体的な料金やサービスとしてはBIGLOBE SIMの方に分があるという感じですが、BIGLOBEのWi-FiスポットからBBモバイルポイントのエリアが終了してしまうこと、BIGLOBEがKDDIの傘下に入ることを考えると、Wi-Fiスポットの変更等の可能性もあります。

それらを考えた場合、docomoのエリアと、Secured Wi-Fiのスポットを利用出来るのはこのOCN モバイル ONEだけになるという可能性もあります。そんなわけで、これらのエリアを使いたい場合は第二の候補として、OCN モバイル ONEもありかなと考えています。

Wi2とmobilepointを使いたいなら

さて、公衆無線LANとして有名なWi2 300とBB mobilepointの2つを使いたい場合には以下の格安SIMで使えます

楽天モバイルだけがオプション代として362円かかり、それ以外は無料で公衆無線LANを利用出来ます。

Wi-Fiスポットとしては、Wi2 300はスターバックスやドトールなどカフェから個人の飲食店までに強く、mobilepointはマクドナルドで使えるという特徴があり、これら2つをどちらとも使えるのはとても便利です。

使うWi-Fiスポットから格安SIMを選ぶのが大切

個人的にはWi2 300よりもSecured Wi-Fiの方がチェーン系のカフェに強く、かつ、電波の状態も良いかなという印象なのでおすすめなのですが、それよりもご自分が普段使う場所がどのWi-Fiスポットであるかの方が重要です。そこにはどの公衆無線LANの電波が飛んでいるかを確認した上で、それに合う格安SIMを選ぶのが大切です。

以上、公衆無線LANを使える格安SIMの紹介でした。

なお、公衆無線LANにはカフェや自治体が提供している無料のWi-Fiスポットも多く、それらを利用するとより快適な通信環境を手に入れることが出来ます。東京での公衆無線LANサービスについては下記記事もどうぞ。

格安SIMと公衆無線LANでぜひ安く快適な通信を。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信