東京生活.comホーム東京の住みやすい街ビジネスエリア丸の内・大手町お洒落ビジネス街 丸の内を歩く

丸の内の散歩

お洒落ビジネス街 丸の内を歩く

再開発により無機質なビジネス街から、お洒落ブランドやレストランも集まるオシャレビジネス街へと変貌を遂げている丸の内です。

丸の内の散歩|お洒落ビジネス街 丸の内を歩くの画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

株価は上がらない、中国にGDPは抜かされる、就職できない若者も多いと最近元気がない日本経済。

どうすりゃ良いのと思いつつ、しがない私に出来るのは日本経済の中心地である丸の内を歩くことだけです。

ということで、今回はそんな日本の経済の中心地として、有名企業の本社が集まり、日本経済を動かしているエリートサラリーマンが働く東京駅周辺から丸の内や大手町、また、やんごとなきお方がお住まいになっている皇居の入り口までをぶらりしてみました。

スポンサーリンク

今日のスタートは東京駅から。
工事中の東京駅舎
と、初っ端からつまずいてしまいました、。

現在、東京駅の丸の内側の駅舎は、戦前の姿を取り戻そうと大改装中であり、駅舎がすっぽりと工事のシートに覆われて見れませんでした。

なので、工事の塀に描かれている完成後の絵で我慢してくだされ、。

完成後は戦災で焼け落ちてしまった、南北のドーム姿が蘇ります。
完成後の東京駅
完成予定は2012年とまだ先です。

駅のすぐ脇には、これまた工事中の旧東京中央郵便局。
東京中央郵便局
建物を残すかで当時の鳩山邦夫総務大臣が揉めた建物です。

結局は、この古い建物の前面を出来るだけ残して、後ろにJPタワーと称される超高層ビルをくっ付けるらしいですね。

東京駅の正面から見た皇居方面です。
東京駅から皇居方面
左側が丸ビルで、右側が新丸ビルです。ややこしい、。

まっすぐに伸びているのが行幸通りです。
まっすぐ伸びる行幸通り
天皇陛下の行幸の際に使われる道で、その幅は74メートルもあります。
外国大使が信任状を皇居に持って行く際にも使われ、その時には馬車を使うらしいですよ。

右側の黒い方が「新丸ビル」。
新丸ビル
建物の中もシックで重厚な感じでしたよ。
新丸ビルの中
そして、お向かいのクリーム色が「丸ビル」です。
丸ビル
こちらは、軽やかな感じの内装。
丸ビルの内側
どちらのビルも下層がショッピングモールとなっていて、上層がオフィスとなっています。
入っているお店もだいだい一緒です。スタバとかね。

東京駅丸の内口の北側にある「丸の内オアゾ」も同じような感じです。
丸の内オアゾ
やはりエリートサラリーマンの出世の秘密は没個性化なんですかね。

テレビのニュースでよく見る映像は、オアゾの前の横断歩道です。
丸の内の横断歩道
この日は休日だったけど、平日だとサラリーマンとかOLさんがぞろぞろ。

でも、この頃はやはり脱ビジネス街をはかっているらしく、休日でも人が増えております。

丸ビルとかオアゾとかが集まって商店会を作っているようですよ。
丸の内商店会
丸ビルの裏側の「丸の内仲通り」もお洒落な雰囲気。
丸の内仲通り
緑溢れる仲通り
緑が溢れる並木道にセレクトショップです。
同じ並木道でも、原宿とかとは全然雰囲気が違います。

憧れの丸の内OL
丸の内OLとか憧れの対象ですしね。

こんなお洒落ビジネスタウンを作り上げたのは、泣く子も黙る三菱グループでございます。
三菱が大地主
三菱グループの不動産部門「三菱地所」がこの丸の内の不動産の多くを所有しているため、丸の内は別名「三菱村」とも呼ばれ、現在でも三菱商事や三菱UFJ銀行といった三菱グループの系列会社の本社が多く集まっています。



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

おすすめの記事です。

新着記事はtwitterで配信

SNSもぜひ

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信