東京生活.comホーム東京の住みやすい街ベイエリア南船橋IKEAの行き方とおすすめ買い物方法

イケア船橋

IKEAの行き方とおすすめ買い物方法

店舗名がIKEA Tokyo-Bayに変わりました

イケア船橋|IKEAの行き方とおすすめ買い物方法の画像

南船橋にあるIKEA。家具や雑貨はもちろんレストランの北欧フードも人気です。おすすめの周り方を紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

東京にあるIKEAの店舗

ではそんなIKEAに行ってみましょう。

東京周辺には4店舗あります。

東京にあるIKEAの地図

・IKEA Tokyo-Bay 千葉県船橋市
・IKEA 港北 神奈川県横浜市
・IKEA 新三郷 埼玉県三郷市
・IKEA 立川 東京都立川市

ちょうど東西南北に散らばっている感じですね。

今回はこの中から、日本における旗艦店。南船橋にあるIKEA Tokyo-Bayを訪れてみました。

南船橋駅からIKEA船橋へ

IKEA Tokyo-BayことIKEA船橋へはJR京葉線・武蔵野線の南船橋から徒歩ですぐです。

JR南船橋駅

南船橋駅の周辺はまだ開発途上の空地が多いのですが、その中にどどんとあるのがIKEA Tokyo-Bay。

IKEA船橋

IKEA独特の北欧色の建物でとても目につきます。

ちなみにこのIKEA Tokyo-Bayという店舗名。オープン時はIKEA船橋だったのですが、2016年に変わりました。やはり日本における旗艦店ですもんね。

近くにはこれまた巨大なららぽーとTOKYO-BAYがあるのですが、この一帯は千葉県船橋を脱し、東京に入ろうとしているかのよう。

ららぽーとTOKYO-BAY

いずれにせよ日本離れした巨大店舗が似合う土地柄であり、IKEAがあるのお納得です。

IKEAは買い物方法が独特

まず最初に知っておくこと。それは

IKEAは買い物の方法が独特なのです。

まず入り口から入ります。
IKEAの入り口

そして店舗を巡るのですが、この店舗の周り方が少し独特。

IKEAでの買い物の仕方

店内がいくつかのエリアに分かれているので、そのエリアを巡るように買い物をしていくのです。

IKEAの店内のエリアは、以下の4つに分かれています。

①マーケットホール
②ショールーム
③セルフサービスエリア
④お会計エリア

①マーケットホール

IKEAのマーケットホール

主に雑貨やキッチン用品、照明など小物系が売っているエリアです。

普通のお店と同じように商品が並んでいるので、欲しいものはショッピングカートやイエローバッグという袋に入れておきます。

IKEAのイエローバック

②ショールーム

モデルルームの部屋のように家具が並んでいるエリアです。

IKEAのショールーム

まるで本当の部屋のようです。

本当の部屋のようなショールーム

欲しい家具があったら店員さんを呼ぶのではなく、ショッピングリストというメモにメモっておきます。

IKEAのショッピングリスト

各商品にはこのようなタグが付いているので、これをメモるのです。

タグをメモる

このショッピングリストにメモるというはIKEAでの買い物においてとても重要なことで、店内の至るところにショッピングリストと鉛筆が置いてあります。

IKEAでのショッピングの方法

③セルフサービスエリア

IKEAのセルフサービスエリア

ショッピングリストにメモっておいた商品を自分でピックアップするエリアです。

まるで倉庫のように巨大で、ここに全商品が積み上がっている。

IKEAのセルフサービスエリア

このような買い物は、さすが巨大なIKEAの店舗ならではと思います。

④会計エリア

IKEAの会計エリア

会計をするエリアです。

選んだ雑貨や家具をここで一括で会計するのです。

ちょっと独特な買い物の仕方ですが、慣れると実に合理的。こういう合理さこそが世界基準のIKEAなのです。

スポンサーリンク

IKEAのおすすめ買物方法

では、そんなIKEAでおすすめの買い物の方法を紹介します。

アプリダウンロードしておく

IKEAには「IKEA Store」という公式アプリがあるのですが、これは便利です。

IKEA Store
IKEA Store
開発元:IKEA
無料
posted with アプリーチ

IKEAでの買い物に欠かせないショッピングリストをスマフォ上で作れるのです。

IKEAStoreのアプリ画面

店舗で商品バーコードをカメラでスキャンするだけで、ショッピングリストへの追加やセルフサービスエリアの在庫場所を確認出来る。

さらには店舗のお買い得情報やイベント情報も載っています。

お店に行く前にぜひダウンロードしておきましょう。

予めカタログを見ておく

カタログを見ておく

IKEAはカタログが充実しています。

IKEAのカタログ

IKEA製品によってインテリアされた部屋がたくさん載っていて、まるでインテリア雑誌のよう。

IKEAのカタログ

媒体も色々あるので便利です。

見やすさではやはり紙だけど、手軽さでいったらやはりオンライン版。

そしてアプリ版もあります。

IKEAカタログ
IKEAカタログ
無料
posted with アプリーチ

眺めてアイデアを膨らまし、気になった商品をピックアップしておきましょう。

家具を置く場所のサイズを測り、ARで確認

IKEAでは店舗フロアの色々な場所に紙メジャーが置いてあります。

メジャー

これは家具のサイズを測るのにとても便利なのです。

家具をセンス良く置くには、サイズ感はとても大切です。お店に行く前に家具を実際に置く場所のサイズを測っておいて、その場所にピタリと合うサイズの家具を選ぶと良いでしょう。

また、iPhoneの5S以降を使っている方ならIKEA Placeというアプリも利用できます。

IKEA Place
IKEA Place
posted with アプリーチ

これは、AR(拡張現実)を使ったアプリです。

このアプリ上でカメラを作動させ自分の部屋を見てみると、そこにIKEAの家具が現実に置いてあるかのように見ることが出来るのです。

IKEA placeの画像

この写真、左側の黄緑の方が実際に置いてある椅子ですが、右側の青い椅子はこのアプリを使ってバーチャルに表示させたもの。本当にすごいです。

家具を置きたい場所に、欲しい家具を置いてみたらどのようになるのかをイメージ出来るので、ぜひ使ってみることをおすすめします。

おまかせ配送サービスを利用する

IKEAのおまかせ配送サービス

セルフサービスが基本のIKEAでは自家用車で来てそのまま商品を持ち帰るというのが基本です。

しかし自動車離れが進む東京ではそうもいかないもの。

でも、安心して下さい。配送サービスがしっかりとあります。

3,990円

メインエリア内 (個数・重量制限なし)

IKEA Tokyo-Bayの場合、東京23区は全てメインエリアに入ってます。

やはり自分で組立てる

IKEAで買った家具は自分で組立てることこそが醍醐味。

そして、そんな時に便利なIKEA公式の電動ドライバーです。

一応は組み立てサービスがあるのですが、料金は基本工賃 + 組み立て希望商品の購入金額の20%なので少し高めです。

やはり自分で組み立てましょう。

レシートは取っておく

IKEAは返品・交換が可能です。

レシートはとっておく

▽IKEAの返品について 期限は買った時から365日。組み立てた家具も未使用で商品に問題がなければ可能です。また枕や掛け布団、マットレス、マットレスパッドの場合も90日以内なら同じ種類の他の商品と交換可能です。 参考:返品・交換について - IKEA

いずれにせよ購入時のレシートは取っておくと良いでしょう。

歩きやすい格好で

IKEAに行く

何よりも大切なのは動きやすい格好です。

IKEAの店舗は巨大です。しかもエリアを順に周るので必然的に歩く距離が長くなります。

疲れて足が痛くなると、素敵な北欧家具を見ても楽しさは半減してしまいます。

歩きやすい靴、楽な服装で訪れましょう。

買い物の前後にはレストラン

IKEAのもう一つの醍醐味がグルメです。

イケアレストラン

店舗に併設されているレストランではスゥエーデン料理を楽しむことが出来ます。

IKEA Tokyo-Bayにももちろんあるので私も食べました。

イケアレストランのサーモン
やはりサーモンは外せないし。

イケアレストランのホットドック
ホットドッグ100円はうれしいところ。

ある意味、ここを目当てにIKEAに行くのも良いかもしれません。

スウェーデンスタイルのレストラン

買い物の前後や合間の休憩にぜひ訪れましょう。

IKEA FAMILY

ちなみにそのような時にお得になるのがIKEA FAMILYです。

フードメニューが安くなる他に、商品をお得に買えたり、イベントに参加出来たりと特典がいろいろ。

年間費も無料なので、ぜひおすすめです。

IKEA Tokyo-Bayの営業時間

ストアの営業時間

月 ~ 金: 10:00~21:00
土・日・祝日: 9:00~21:00

レストランの営業時間

月 ~ 金: 10:00~21:00
土・日・祝日: 8:30~21:00

特に休日はストアよりも早くオープンしているので、レストランでモーニングを食べてから、ストアでの家具探しに繰り出しても良いでしょう。

一日中楽しめるIKEA。

IKEA

まさにここは北欧家具のテーマパークなのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信