東京生活.comホーム東京の住みやすい街総武線沿線津田沼津田沼ショッピングセンター戦争

津田沼駅周辺

津田沼ショッピングセンター戦争

ショッピングセンターが乱立する津田沼駅前

津田沼駅周辺|津田沼ショッピングセンター戦争の画像

津田沼駅周辺は津田沼戦争と呼ばれたほどの巨大ショッピングセンターの競争が激しい街。日常的な買い物に便利でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

津田沼駅周辺の買い物地図

津田沼駅周辺の地図

津田沼駅周辺の地図を見てみて驚くことは、なんと言っても巨大ショッピングセンターが密集していることです。

駅前には、こんなショッピングセンターがあります。

津田沼駅北口側

パルコ津田沼店

パルコ津田沼店

津田沼駅北口前には、大きなパルコ津田沼店が。

イオンモール津田沼店

イオンモール津田沼店

京成線の新津田沼駅の前には巨大なイオンモールが。

イトーヨーカ堂津田沼店

イトーヨーカ堂津田沼店

その向かいにはライバル7&iのイトーヨーカ堂。

ミーナ津田沼

mina津田沼

ユニクロのファーストリテイリングが運営するミーナ津田沼も。

津田沼駅南口側

さらに、千葉工業大学のキャンパスがあり、広々とした津田沼駅南口側にはヤマダ電機などのテナントが入るモリシア津田沼。

モリシア津田沼

モリシア津田沼

再開発でマンションが並ぶ奏の杜地区には、奏の杜forteがあります。

奏の杜forte

このように、津田沼駅周辺は都市型・郊外型問わず巨大なショッピングセンターが立ち並んでいる街なのです。

商業施設が競争を繰り広げている街は複数ありますが、特に都市型のファッションビルと郊外型のショッピングモールとが激しい競争をしている街は東京近郊でもなかなか無く、これは津田沼ならではの光景だと思います。

そしてこの各店舗間の競争は、その激しさから「津田沼戦争」とも呼ばています。

では、そんな津田沼駅周辺のショッピングセンター競争について見てみましょう。

スポンサーリンク

津田沼戦争とは?

まず、津田沼がショッピングセンターの激戦区としての火蓋が切って落とされたのは1977年の頃です。

当時、高度成長期を終えて人々の生活は、質と効率化へと向かいます。

津田沼で最初に進出してきたのは、消費に文化という概念を取り入れたファッションビルの「パルコ」

津田沼駅前のパルコ

これにGMS(総合スーパー)の雄「イトーヨーカ堂」、大量消費の代名詞「ダイエー」に、伝統の百貨店「高島屋」が続きます。

さらに、地元資本の商業施設なども出来上がり、まさに戦国時代の群雄割拠といった様相でした。

昔の津田沼駅周辺

昔の津田沼駅周辺

しかし、こうなると資本や競争力が弱かったりすると勝ち目はありません。

1978年 サンポーと扇屋ジャスコ 閉鎖
1979年 長崎屋 撤退
1985年 西友 食品売場以外をパルコへ
1988年 高島屋 撤退

このように競争の自然淘汰が行われて、強い力のある者だけが生き残りました。

1990年前後の津田沼駅周辺

時代はGMS(総合スーパー)の時代です。

コンビニを導入し、流通の王者になりつつあったイトーヨーカ堂。そして、大量消費のダイエーの二強が雌雄を決する状態となったのです。

しかし、ダイエーはバブル時代の投資の失敗でしょうか。あるいは、コンビニ仕込みの商品管理を行うイトーヨーカ堂が強かったのでしょうか。

ダイエーも2005年に営業を終えることになります。

専門店ショッピングモール時代

津田沼のイオンとヨーカ堂

さて、そんなダイエーに代わるように津田沼に出店したのが巨大なイオンです。

さらに、ダイエーの跡地は様々なテナントが入るモリシアへと変わりました。
そう。津田沼駅周辺もショッピングセンターの時代へと移りました。

現在の津田沼駅周辺の商業施設

津田沼駅周辺の地図

各商業施設は、専門店のテナントが並ぶショッピングセンターが主流になっております。

さらには、専門店であるユニクロ発のショッピングセンター「ミーナ津田沼」や、再開発に伴う「奏の杜forte」も出来たりして、まさにショッピングセンターが乱立している様相となっています。

一方で商圏を広げてみると、近隣の沿線には超巨大モールが乱立しています。

例えば、海浜幕張にはイオンモール幕張新都心やコストコが。

南船橋には、ららぽーとTokyo-BayやIKEAがあります。

これら新しいショッピングセンターの魅力は、まさに買い物のためのテーマパーク。

何もかもがネットで買える時代、リアルな店舗での買い物にはレジャー要素のある超巨大モールの方が人気があるのです。

良くも悪くも旧来のサイズ感である津田沼駅周辺の商業施設だと、やや客足が遠のいている感が否めません。

しかし、スーパーも充実しているし、普段の日常的な買い物はこれくらいの方が丁度良かったりもします。

巨大モールと、旧来のショッピングんセンターも使い分けが大切ですね。

専門店が並ぶショッピングセンター

と、このように時代時代の流通小売業の流行り廃りを写してきたような津田沼駅周辺。これからもその時代の買い物事情を反映していくことでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信