東京生活.comホーム東京の住みやすい街お洒落エリア代官山蔦屋書店で時間を消費する

代官山

蔦屋書店で時間を消費する

代官山の森の中で読書しながらじっくりと時間を過ごす。

代官山|蔦屋書店で時間を消費するの画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

今更になってなんだけど、とうとう行ってきました。

蔦屋書店代官山店。

TSUTAYAじゃなくて蔦屋なんですね。

場所の感想としては、とにかく気持ちが良くて、居心地が良い場所。なんというか、現在のネット文化を支えるような高等遊民向けにバシッと刺さるようにいかにもな造りなんですが、とにかく気持ちのよい場所であることには変わりません。

スポンサーリンク

蔦屋書店は、代官山の旧山手通り、カフェ・ミケランジェロの前という、the代官山と言えるような場所に位置してます。

公共交通機関を使って徒歩やバスを使って気持ちのよい旧山手通りを歩いていくのもありだと思うし、車を使ってサーッといくのもありな感じです。

この蔦屋書店は、広い敷地の中に建つ3棟の建物から成っています。さらに蔦屋で本や音楽、映像を買ったり借りたりをするだけではなく、旅行カウンターやラウンジ、さらには飲食店や雑貨などの専門店もあったりして、多くの時間を消費できます。

蔦屋書店代官山店の地図

東京に居ることを忘れさせてくれる、ゆったりとした空間。
蔦屋書店の専門店街
 
ここのコンセプトは森の中の図書館。

森の中の蔦屋書店

ターゲットはプレミアムエイジという団塊世代で可処分所得が高くて人生の楽しみ方を知っている層。その層に対して物というよりも時間を消費させるような空間です。

蔦屋書店で時間を過ごす

もうネット界隈では知っている人も多いだろうけど、この蔦屋書店は本を買わなくても店内に併設されているスターバックスーでコーヒーを一杯買えば、本を読むことが出来るし、音楽も聴くことも出来るんです。

蔦屋書店のスターバックス

これは本当に素晴らしくて、本とかを買う必要がなくても毎日行きたくなる雰囲気なんですよ。ちなみに僕はプレミアムエイジとは程遠いけれどもそれでも行きたくなるし、コンセプトの一つにはプレミアムエイジだけでなくそれに惹かれる層とのコミュニティの醸成もあったりするようです。

イベントも多くやっております。



蔦屋書店を運営する株式会社CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)はTSUTAYAを運営している会社ではなくて、新しいものを企画する会社であるとされております

代官山 オトナTSUTAYA計画

このCCCが今の日本ないしは世界の状況からのコンセプトショップとして生み出したのが蔦屋書店です。ということは、こういうお店の建て方が次世代のヒントなのかもしれない。

東京ではないけれども、CCCの行う武雄市での図書館運営も同じ流れの中にあるんだろうし、こういったモノではなくコトや時間を売るような書店が増えつつあるのも同じようなものなんでしょうね。



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

おすすめの記事です。

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信