東京生活.comホーム東京の住みやすい街治安・防災地盤と液状化マップを学んだ日

東京の防災

地盤と液状化マップを学んだ日

くらしの防災のためには地図が大切

東京の防災|地盤と液状化マップを学んだ日の画像

新宿を歩いていたら「くらしと測量・地図展」という催し物をやっていました。地盤や液状化マップは防災に役立ちそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

新宿の西口広場を通りすがったら、「くらしと測量・地図展」なる東京都主催の催し物がやってました。

基本的に自分も地図好きだし、こんな時節柄か、東京の地盤や液状化マップ、防災に関する展示も多くて、非常に面白く、ためになりました。

なかなか興味を引かれる内容だったので、ご紹介します。

スポンサーリンク

「くらしと測量・地図展」は地図だらけ

さて、今回の「くらしと測量・地図展」の会場となっていたのは、新宿駅の西口にあるフリースペースとなっている広場です。
くらしと地図・測量展

ぶっちゃげ、このような展示物がやっているのは知らなかったので、思わずめっけもんでした。

地図とか地形に関する展示が色々と並べられてました。
地盤や地形、防災に関する展示

床には、江戸や東京の地図が、。
床には江戸から東京の地図

地図といったら、やはりこの人は外せないですよね。
伊能忠敬の測量方法

伊能忠敬の測量方法とか、測量の道具とかも並んでました。
伊能忠敬の道具

日本を歩いて一周して、地図を作り上げたとかすごすぎる情熱。
日本一周して地図を作成

もし、現代に生きていたら、情熱大陸に取り上げられるのは間違いないね。

そして、明治時代の東京の地図も。
明治時代になるとより緻密に

より緻密になってきてます。

そして、現代のデジタル地形図。
東京のデジタル地形図

地形が、緻密に色分けされていて、これで東京を見てみると面白いです。
東京の地形

山の手と下町とかの説明も。
山の手と下町

てゆうか、東側は低すぎ!
東京のゼロメートル地帯

床には、このデジタル地形図がババっと展示されていて、眺めることが出来ます。
東京の地形を知れる

さらに、3Dメガネを使えば、東京の地形も、映画アバター並みに飛び出てきたり。
3Dメガネ

そして、東日本大震災もあり、やはり地盤や液状化、防災関連の展示も充実してました。

地盤や液状化マップなど防災関連の展示

建物の新旧や、密集度によって、街の危険度がわかります。
街の危険度

そして、地盤と液状化マップもコンピューターで調べることができます。
街の地盤

眺めていたら、係りのオッチャンが来て、説明しながら、地盤について教えてくれました。
地盤を調べる

これは、インターネット上からも見ることが出来るので、ぜひ、お住まいの地域の地盤や液状化の状況調べてみてはどうでしょうか。

参考: 東京の地盤   東京の液状化予測図

やはり、東京は西高東低の地形は鉄板らしく、西側の武蔵野台地は強い地盤だけど、東側だと大きな震災だと液状化の可能性があるらしいです。

さすがに浦安ほどにはならないらしいけど、それなりの被害は起こるらしいです。

そして、地盤と密接に関わる、土地の高低差や川の流れに関する資料も。
神田川の高低差マップ

江戸川区周辺とか、やはり低すぎです。
荒川の下流付近

そして、特別展示として、東日本大震災の被害状況の展示もありました。
東日本大震災の展示

災害は、不可抗力なものかもしれません。

しかし、それに備えての対策を行うことで、被害を出来るだけ小さく抑えることは可能なのです。

予め、避難準備とかをしておくのはもちろんのこと、自分の地盤なども調べておいて、どのような被害が起こるかを想定するのも必要な対策の1つだと思います。

ぜひ、一度住んでる地域の地盤などを調べてみるのはどうでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信