東京生活.comホーム東京の住みやすい街東京の文京エリア護国寺音羽と目白台の高級住宅街

不動産

音羽と目白台の高級住宅街

学校が多い文教地区の高級住宅街です。

不動産|音羽と目白台の高級住宅街の画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

さて、護国寺の住宅と住民の状況です。

護国寺は住宅地の街で、街のほとんどが住宅街です。
護国寺から真っ直ぐ伸びる音羽通りを谷底として、
その両側に、目白台と学園キャンパスのある高台になっています。

スポンサーリンク

護国寺の住宅街

護国寺の始まりは、やっぱ護国寺です。
護国寺の住宅街

護国寺は将軍家とゆかりの深い寺であり、
その前の音羽地区も、元々は護国寺の寺社領だったのですが、
やっぱ将軍家のお寺だったせいか、中々人が入らなかったのです。

そのため、この地域は、将軍綱吉の母、桂昌院の奥女中であった、
「音羽」にこの地が与えられたんですね。
地名:音羽の由来
それで、「音羽町」。

一方、目白台と、お茶の水女子大などのある高台は、
高台の例によって、お屋敷町でした。
お茶の水女子大一帯
お茶の水女子大は安藤長門守屋敷だったし、
東大病院分院跡は松平家やし。
といった感じです。

護国寺地域の東側である、雑司ヶ谷地域が、
将軍の鷹場だったなど、将軍がよくこの地に来てたなど、
やはり、由緒正しい土地柄のようです。

音羽御殿もある音羽地区

音羽一帯
さて、低い地域である音羽地区です。

ここのメインストリートの音羽通りには、
講談社の社屋が、まるで主のように建っています。
講談社の社屋ビル

この建物の雰囲気、、、最初見た時は、
どこかの宗教団体の建物かと思っちゃいましたよ。

いや、音羽通りの異様な真っ直ぐさと相まって、
どこかの社会主義国の雰囲気でしたよ。
音羽通り

この地域は、出版社や印刷会社が多く集まっていた
地域ということで、音羽通り沿いには、
今でも、音羽グループの会社が多くあります。

住宅街としては、表通りの裏側に入ると
密集型の住宅や、マンション・アパートなどが
ある地域です。
音羽の密集型住宅街


裏側の、お茶の水女子大のキャンパスがある
大塚地域とは、高低差があります。
護国寺の住宅街

後ろの高台に建っているのは、
「音羽ハウス」という高級マンションで、
年季は入っているけれども、その落ち着いた佇まいは、
非常に住環境が良さそうです。
音羽ハウス

崖の下から見上げる音羽ハウスの図。
音羽のマンション


目白台は教育熱心な街?

一方、音羽通りを挟んで反対側は、
目白台の住宅地となっています。
目白台への坂道

こちらもやはり、ぐぐっと坂を登っていくんですね。

坂を登り切った所にあるのが、東大病院分院跡。
東大分院跡

この周辺には、閑静な住宅街が広がっています。
目白台の住宅街

ただ、目白台という名前からか、高級住宅街が
広がっていると思っていたのですが、
密集型の住宅が多いんですね。

ただ、停まっている車が高級車だったり、
するのを見ると、やはり、高額所得者が多いんじゃないか
とも思います。

歩いてみたのが、丁度、平日の夕方だったのですが、
幼稚園に子供を迎えに来たお母さん達が、
自転車で脇をすり抜けて行ったり、
図書館や公園でママさん会議をしているのを
見ると、庶民感はあるけれども、教育にはしっかりと
力を入れたい層が多いのかと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信