東京生活.comホーム東京の住みやすい街東急線沿線二子玉川お金持ちの豪邸が並ぶ二子玉川

高級住宅街

お金持ちの豪邸が並ぶ二子玉川

高台の「上野毛」や「瀬田」と五島家の美術館

高級住宅街|お金持ちの豪邸が並ぶ二子玉川の画像

二子玉川には高級住宅街が多くあります。特に高台である上野毛や瀬田には東急の総帥である五島家の豪邸と美術館も。お金持ちの街なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

二子玉川はお金持ちの街?

住みたい街として人気の二子玉川。

二子玉川ライズショッピングセンター

「ニコタマダム」や「VERYママ」といったお金持ちの奥様や高所得の旦那を持つママさんを表す言葉がこの街には似合います。

たしかに二子玉川は閑静な住宅街やタワーマンションもあり、全体的に所得が高い人が多く地価や賃貸家賃も高めです。

しかし二子玉川全体が高級住宅街かと言われるとそういうわけでもなく、一般的な住宅街がほとんどでありますし、駅近くの商店街は昔ながらの下町風の名残も残っています。

二子玉川の商店街

そもそもが街の大部分が多摩川の河沿いの低地の街であり、元々は自然が多い農村を元に発展してきたのです。

しかし、現在はお金持ちのイメージが強い二子玉川。

二子玉川の住宅街

街ブランドの高さから住みたい街として人気があり、さらに近年は駅前の再開発でライズ・ショッピングセンターや高層マンションも立ちさらに人が集まっています。

高級住宅街が周りに多い

さて、そんなお金持ちのイメージが強い二子玉川ですがその理由としてやはりこの高級百貨店があることが大きいでしょう。

玉川高島屋

玉川高島屋SC(ショッピングセンター)です。

1969年に出来た言わば日本のショッピングセンターの走りとも言えるものであり、この店舗が二子玉川の発展の礎と言っても過言ではありません。

当時はまだ葦原が広がっていたような郊外の二子玉川でしたが、この高級百貨店は周りにある高級住宅地のマダム達の大いなる購買力を引き込んで成長していきます。

二子玉川周辺の高級住宅地

二子玉川の周りには田園調布や成城や自由が丘と言った高級住宅地が多くあります。ちなみにどれもが武蔵野台地の上の高台にあります。

もちろんこれらの街に住むマダムの交通手段は自家用車ですから、玉川高島屋には巨大な駐車場が備えられていて今でも休日になると高級車がずらりと並んでいます。

渋滞する休日の二子玉川

このように元々は郊外の街であったにもかかわらずお金持ちを惹きつけた二子玉川は、やがてこの街自身が「お金持ちの街」としてブランド化が進み、住みたい街としての人気を高めていったのでしょう。

言わば二子玉川はお金持ちが住む街というよりも、お金持ちが買い物に来る街とも言え、それが現在の大規模な開発にもつながっているのでしょう。

他の田園調布や成城が純粋な意味での高級住宅地だとすると、二子玉川は街の規模が大きく商業都市としての様相が強いのです。

一方、二子玉川の高級住宅地と言えばもうちょっと狭い街の区画で見ると良いでしょう。

二子玉川駅の東側「瀬田」や「上野毛」は、驚くような大邸宅と広い庭の緑が生い茂りまさに都内有数の高級住宅地なのです。

スポンサーリンク

本当の金持ちは高台に住む。「瀬田」と「上野毛」

さて、二子玉川の高級住宅地「瀬田」と「上野毛」もやはり高台となっています。

瀬田の高級住宅街と国分寺崖線

多摩川沿いを低地だとすると、これらの地域は丘の上。

地形的なことを言うと、この高台と低地とを分ける部分は国分寺崖線と呼ばれ多摩川に沿って続いています。東京の西側にある多くの高級住宅地はこの国分寺崖線の高い部分にあり、まさに本当のお金持ちは高台に住むんだということを実感させられます。

二子玉川でも駅の東側へ向かって歩くと丸子川という小さな河川があります。

瀬田と上野毛を流れる丸子川

これは国分寺崖線の低地の端を流れるものであり、これを通り過ぎると急な坂道となり丘の上へと上っていきます。

二子玉川の高級住宅街へ

ここを通り過ぎると高級住宅地エリアに突入。

瀬田の高級住宅街

この斜面は本当に急なもので、低地と高台との標高差が本当に大きいものなんだなと感じます。

そして街の雰囲気も変わります。

瀬田の高級住宅街

広い邸宅が多いせいか緑が多く、住宅地というよりも豊かな自然が残されている別荘地のような感じがして、暑い夏においても涼やかな風が通り過ぎる。

ほとんどが住宅だけのエリアなのですが、インターナショナルスクールやゴルフ練習場といったまさにお金持ちのための施設が揃います。

瀬田の高級住宅街のゴルフ練習場

街は高台と低地とが入り組んでいて急な坂と斜面とが多い。そして多摩美術大学の横を通る駒沢通りで区画が分かれ、北側が「瀬田」で南側が「上野毛」です。

瀬田の多摩美術大学の横

上野毛に入るとぽっかりと空いた谷底には東急線の線路が通っていて、ここから多摩川方面を見渡せ、天気の良い日には富士山も眺められるということです。

瀬田の高級住宅街を走る東急線

この眺望が気に入ったのか東急総帥であった五島慶太の大邸宅もここにありました。

▽五島慶太 東京急行電鉄(東急)の事実上の創業者。小田急や京王などの私鉄各線も一時はその傘下にあり、まさに東京の鉄道王。 五島慶太 - Wikipedia

その死後に大邸宅の一部が提供され開館したのが「五島美術館」です。

上野毛の五島美術館

国宝である源氏物語絵巻をはじめ膨大なコレクションが所蔵されていて、五島慶太の財力よって集められたものです。あの源氏物語の絵巻物があるのはすごいことで、まさに本当のお金持ちになると美術品の収集にも手を伸ばすんだなぁ。

上野毛の高級住宅街

このように二子玉川の「瀬田」と「上野毛」はとんでもないお金持ちが住んだ高台なのです。

高級住宅街から二子玉川を望む

多摩川を眺めるとそこには楽天クリムゾンハウスも入る二子玉川ライズタワーが見えました。時代の流れと共に業種が変わりますが、お金持ちが集まる街なんだなぁと思いました。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信