東京生活.comホーム東京の住みやすい街埼玉東部エリア越谷レイクタウン越谷レイクタウンの住みやすさは?

越谷レイクタウンに住む

越谷レイクタウンの住みやすさは?

開発が進む新しい街並み。巨大イオンの街です

越谷レイクタウンに住む|越谷レイクタウンの画像

巨大モールと共に出来た新しい越谷レイクタウン。住みやすさは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

越谷レイクタウンの住みやすさ

巨大ショッピングモールであるイオンレイクタウンと共に出来た街です。

武蔵野線沿線に現れた新しい街であり、人造湖の畔に出来た新しい街並みです。巨大なイオンはとても賑やかで、特に休日になると近隣から多くの人々が集まります。

周辺の住宅地は開発が進み、新しいマンションや、整然と新興住宅が並びます。ファミリー層に人気なのか、相場も武蔵野線沿線としてはずば抜けています。

そんな越谷レイクタウンの住みやすさを見てみます。

スポンサーリンク

越谷レイクタウンの特徴

では、まずは越谷レイクタウン特徴について見てみましょう。

まだまだ開発中の街

koshigaya-laketown-7.JPG

越谷レイクタウンは、元々は武蔵野線沿いの南越谷と吉川との間の越谷市斎場以外にはほとんど何なかった湿地帯に、UR都市再生機構の旗振りの元に計画されたニュータウン地域であり、現在はその街づくりの完成に向けて、イオンレイクタウンの巨大なショッピングセンターと住宅地域が現在も少しずつ造られている途中である。

イオンの周りは草ぼうぼうイオンの周りは、まだまだ草だらけです。

越谷レイクタウン駅の南側 越谷レイクタウン駅の南側は、まだ何もない状態。

巨大すぎる湖とイオン 

大規模貯水池

レイクタウンをレイクタウンならしめている施設がこの2つである。 

一つ目が、「湖(大規模調整池)」であり、その大きさは上野不忍池の3倍ほどだという。そのうち、ボートやカヌーでも浮かべさせて遊べるようになるといい、カナダ万歳な自分としては、そのような街が出来ることが楽しみでもある。

そしてもう1つがイオンレイクタウンである。

巨大すぎるイオンレイクタウンイオンはまるで空港のような巨大さであり、まさに「タウン」と呼べるほどにでかすぎた。

多分、端っこから端っこまでを歩いていくと1kmはあるのではないかと思われる

中身は、普通のイオンとかにあるテナントが中心であるが、通常のイオンショッピングセンターでも大きいのに、この店舗は、その建物が2館あり、さらにもう1館が建設中という状況である。

住宅街も新興型を建設中 

湖も、イオンも新調されたこの街であるが、もちろん住宅地も新築のピカピカであった。

駅前にはマンション郡がずらり。

kosigaya

まだまだモデルルームも公開中。

そして、個別住宅の街並みも。

個別住宅

街並みが人工的でキチッとしてますね。

まだまだ、2万人超の住人が住むことを予定しているらしいが、今のところはまだ2000人足らずしか住んでいない状況である。



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

おすすめの記事です。

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信