東京生活.comホーム東京の住みやすい街お洒落エリア原宿竹下通りのHARAJYUKU文化

原宿・表参道

竹下通りのHARAJYUKU文化

世界に発信しているKawaii文化の本拠地はここです

原宿・表参道|竹下通りのHARAJYUKU文化の画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

今の話です。HARAJYUKU文化って原宿の中でもこの竹下通りのことを指しています。

原宿文化じゃなくて、ローマ字でHARAJYUKUね。

10年くらい前なら裏原とかキャットストリートとかが主流だったんだろうけど、なんだか街の地盤沈下が進んでしまって。現在においてのこれぞ原宿と言える場所で残っているのはここでしょうな。

スポンサーリンク

そもそも、原宿を若者の流行発信地という言い方で一つに括られたのは以前の話で、今や流行を発信しているのはリアルの世界を離れてネット上だったりしますよね。

でもHARAJYUKUというカテゴリーは根強く残っていたりもします。簡単に言うと青文字系雑誌モデルを中心としたファッション。もっと分かりやすく言うと、きゃりーぱみゅぱみゅ的な感じ??

青文字系 - Wikipedia
青文字系(あおもじけい)、青文字系雑誌(あおもじけいざっし)とは『Zipper』『CUTiE』といった東京の原宿などで多く見かける個性的で同性受けするファッションおよびそれらを多く取り上げる雑誌のことである[1]。
出典 青文字系 - Wikipedia

ギャル系でもコンサバ系でもなくてカジュアルガーリーといった感じ。原色的でPOP感といったところでありましょうか。世界的に見ても日本独特なカテゴリーであって、日本のファッション好きな外国人が指す日本のファッションとはこのカテゴリーを指すんではないでしょうか。

いわゆる、kawaii文化。

ということで、ちょいと竹下通りを見てみますね。

竹下通りを歩いてみる

竹下通りは、JRと原宿駅の竹下口の改札を出るとすぐ。

原宿駅近くの竹下通り

通りは、人で溢れているわちゃわちゃとした雰囲気で左右には、リーズナブル系ファッションや、小物や雑貨をを中心としたお店が並んでいます。

竹下通りの街並み

例えるならば、おもちゃ箱的な。街全体の雰囲気が小さくてカラフルポップでかわいい物がいっぱいあるような感じなんすよ。

HARAJYUKU文化
外国でここまで小物にこだわるって事は中々ないのかもね。

キャラ物も充実。
キャラ物のある竹下通り

そして安い。
安い竹下通り

竹下通りのお店

ちょっと、竹下通りで目立つお店とかを見てみます。

例えば、靴下屋。
竹下通りの靴下屋

足元ファッションって、現在の若者ファッションですごい大事で、今っぽい靴下を合わせるだけで、なぜか全体的に今っぽい感じがするよね。

チュチュアンナやAMO'Sスタイルとかの下着系のお店。
竹下通りのテナント

そして、若者に人気のスピンズの入るCUTECUBE。
スピンズの入るCUTECUBE

竹下通りのCUTECUBE

昔からお馴染みのクレープ屋さん。
竹下通りのクレープ屋

100円ショップもしっかりとしたコンテンツ。
原宿の100円ショップ

こういっちゃ何だけど、竹下通りにあるお店は、全国的にも地方中心都市のファッションビルとか、郊外地域にあるイオンとかにも入っています。たぶん、HARAJYUKUファッションっていうのは今の全体的な流れであるカジュアルとかガーリッシュとかの根底にあると共に、昔のように超ブランドが一方的にファッションを発信するというよりも、身近にあるファッションを消費者側からも発信していくという双方向スタイルなんですよ。ファッション2.0的な感じかな。

正直、原宿という場所で何かを購入するということにはそれほど意味は無いけれども、あくまで象徴的な場所としてこの場所が存在しているんだろうなぁ。

原宿文化は竹下通り




このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram

スポンサーリンク

運営|文章|写真:たつぽん  お問合せ  RSS配信