東京生活.comホーム東京の住みやすい街お洒落エリア原宿表参道や竹下通りへの行き方は?

原宿駅構内図

表参道や竹下通りへの行き方は?

表参道は「表参道口」竹下通りは「竹下口」へ

原宿駅構内図|表参道や竹下通りへの行き方は?の画像

表参道や竹下通りの最寄り「原宿駅」を紹介します。待合せや東京メトロの明治神宮駅への乗換えにも便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京で絶対に行きたい街「原宿」。

表参道や竹下通りがあり、高級ブランドやセレクトショップ、ファストファッションや人気のスイーツ店がずらりと並ぶ流行の発信地です。

そんな街の入り口が「原宿駅」なのです。

原宿駅

原宿への入り口「原宿駅」

原宿駅があるのは原宿の入り口と言えるような場所です。

原宿駅周辺の地図

JR山手線の線路を境に、東側に原宿の中心「表参道」や「竹下通り」があり、西側には明治神宮と代々木公園の広大な緑が広がっています。

原宿でショッピングや観光を楽しむといったらやはり東側。

ラフォレー原宿がある交差点を中心に全体的に街が広がっていて、ショップやカフェやスイーツ店がとにかくたくさんあるのです。

表参道や竹下通りへの行き方

原宿駅から表参道・竹下通りへ行くのは簡単です。

原宿駅構内図

原宿駅構内図

原宿駅には「表参道口」と「竹下通り口」という改札口があります。

この構内図が示しているとおり、それぞれの通りに行きたいならば

表参道→表参道口
竹下通り→竹下通り口

へと向かえば良いのです。

原宿駅「表参道口」

原宿駅のメイン改札口でもあり、西洋風の木造駅舎が有名です。山手線のホームからは階段を上がって行けば良いです。改札を出るとすぐに表参道の並木道が続いています。

原宿駅「竹下通り口」

原宿駅 竹下口

山手線のガード下にある改札口で、ホームからは階段を降りていきます。改札を出ると眼の前に竹下通りの入り口があります。

それぞれの改札口を出ればすぐにそれぞれの通りへの入り口があるので迷うことは無いでしょう。

また、いずれにせよ山手線の東側にある改札口なので間違ってしまっても問題無く、簡単に行き来することが出来ます。

原宿駅での待合せ場所

原宿駅での待合せしやすい場所について考えてみます。

原宿駅は名前は大いに知られていますが、駅自体は山手線だけが通るとてもこじんまりとした駅構内なので、「表参道口」や「竹下通り口」とだけ指定すればはぐれるような事は無いと思います。

むしろ駅舎は大正13年に造られた都内で最も古いもので、階段や通路はかなり狭小に造られています。ホームも狭いですし、特に休日のお昼前後や代々木体育館でのイベントの時などは人が集中して大変混雑します。駅構内や改札口付近など人が多い場所は避けた方が良いかなと思います。

原宿駅のホーム

ちなみに山手線の向かいにあるホームは明治神宮への初詣客専用の臨時ホーム。明治神宮は日本で一番初詣客が多い神社なので、混雑を避けるために初詣の時だけこのホームが使われるのです。

 参宮橋

例えば表参道口の近くにあるのが「参宮橋」。代々木公園や代々木体育館への最寄りですし、広場のようになっているので待合せにおすすめです。

ちなみに明治神宮へ向う時にあるのが参宮橋です。参拝に行く際にはぜひ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京メトロの「明治神宮前駅」も

さて、原宿へ行く場合「明治神宮前駅」という選択肢もあります。

東京メトロの「千代田線」と「副都心線」との駅、地下鉄経由で原宿へと向かいたい場合はこちらの駅を利用することになります。

原宿駅・明治神宮前・表参道駅の路線図

表参道の下を千代田線は通っているので、「明治神宮駅」と「表参道駅」の間がちょうど高級ブランドがずらりと並ぶ並木道となっているのです。

原宿の表参道

この並木道は原宿駅から明治神宮駅の上の交差点を通りながら表参道駅の交差点まで続いています。言うならば、東京でも最もお洒落な通りの一つでありショッピングや観光にはぜひ訪れたい場所です。

目的の施設があるならば「明治神宮駅」と「表参道駅」の近い方を利用すると便利ですし、距離にしても1キロ足らずなので歩いてみても良いと思います。

表参道ヒルズやラフォーレ原宿といった商業施設があり、ルイ・ヴィトンやグッチなどの高級ブランド。Apple Storeやキディランドなどの旗艦店も揃ってます。ぜひ訪れることをおすすめします。

一方、より若い人ならば「竹下通り」や「キャットストリート」といった通りの方が楽しいかもしれません。

ショップが並ぶ「竹下通り」

WEGOやスピンズといったショップが並び原宿アルタもあります。クレープ屋さんやアイドルショップずらっとあるおもちゃ箱のような通りです。そしてその先が裏原宿エリアでありファッションを見たい時におすすめなのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

新着記事はtwitterで配信

↓↓ぜひフォローお願いします!!

運営者とSNS

  • 東京生活.com facebook
  • 東京生活.com twitter
  • 東京生活.com RSS
  • 東京生活.com Instagram


運営|文章|写真:© 2018東京生活.com  お問合せ